2019年06月05日 更新

ふるさと納税の魅力って? ふるさと納税の特長や返礼品の人気ジャンルなど、ふるさと納税をするなら知っておきたい基礎知識を説明します。

ふるさと納税の魅力って? 申込み〜控除の手続き ふるさと納税のQ&A ふるさと納税で災害支援

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄付をすると、所得税や住民税の還付・控除が受けられたり、寄付先の自治体からさまざまな特典(返礼品)がもらえたりする仕組みのことです。

ふるさと納税の3つのポイント!

  • 好きな自治体を選んで寄付ができます

「ふるさと」といっても、自分の生まれ育った故郷だけではなく、どの自治体にでも寄付をすることができます。寄付先は1つだけではなく、複数でも構いません。
寄付金を受け取った自治体は、これらを財源に地域のさまざまな事業を行います。

  • 節税に役立ちます

ふるさと納税として寄付をすると、寄付金額から2,000円を引いた額が税額から控除されます(一定の条件あり)。
例えば、夫がサラリーマン、妻が専業主婦で年収700万円の家庭で1年間(その年の1月~12月)に30,000円のふるさと納税を行うと、自己負担額の2,000円を引いた28,000円が所得税と住民税から控除されます。

  • 2,000円の実質負担額で返礼品がもらえます

ふるさと納税では寄付金額のうち2,000円が自己負担となりますが、寄付先の自治体から「返礼品」が贈られます(※1)。返礼品は、その自治体の特産品が用意されることが多く、食料品など2,000円相当以上の価値があるものも少なくありません。
なお、2,000円の自己負担金は寄付のたびに負担するのではなく、何回も寄付を行っても2,000円のままです(※2)。
つまりふるさと納税では、2,000円の自己負担で全国の特産品が手に入るのです。
※1)返礼品を用意していない自治体もあります。
※2)ただし寄付金額が控除上限額を超えると、2,000円以上の自己負担となってしまいます。控除上限額については「申込み~控除の手続き」で説明します。

こんな返礼品が用意されています!

ふるさと納税の大きな魅力である「返礼品」。ふるさと納税の人気が高まるにつれて、各自治体は地域のPRも兼ねて、さまざまな種類の返礼品を用意しています。
実際にどんな返礼品があるのか、一例をみてみましょう。

  • 断トツ人気!「お肉」

ふるさと納税の返礼品の中でも断トツの人気を誇り、リピーターも多いジャンルが「お肉」。
特にふだんはなかなか口にする機会のないブランド和牛など、高級なお肉が好まれる傾向にあります。
例えば、鹿児島県鹿児島市に10,000円の寄付をすると、「鹿児島県産黒毛和牛モモステーキ」(100g×3枚)がもらえます。ほかにも和牛の産地は全国各地にあるので、ステーキ、すきやき、しゃぶしゃぶ…など、豪華なお肉料理を楽しめそうですね。

  • 海の幸を味わう「魚介」

全国各地の港で水揚げされる魚介。これらの新鮮な海の幸を自宅で味わえるのも、ふるさと納税ならではの楽しみです。
特に人気が高いのは、カニやフグ、ブリなどの高級食材。例えば、福井県若桜町に47,000円の寄付をすると、「茹で越前ガニ600g以上~700g未満×1杯(脚折れあり)」がもらえます。
魚介の返礼品には、旬の魚介と野菜が一緒になった「鍋セット」、日持ちする「干物セット」、「魚介の加工品詰め合わせセット」などもあります。

  • 日本人の主食「お米」

毎日の食事に欠かせない主食であるお米。日持ちがよく、食費の節約にもなるので、ふるさと納税利用者の満足度の高い返礼品の一つです。
2019年現在、お米の返礼品は1万円の寄付で5kg前後、2万円の寄付で10kg前後が目安です。全国各地のさまざまな銘柄を食べ比べて、お気に入りのお米を見つけてみるのもいいですね。自治体によっては、精米したてのお米が毎月届く定期便を用意しているところもあります。

  • 旬の「野菜」や「フルーツ」

最近では一年を通してハウス栽培ものや輸入品が出回っていますが、やはり旬の美味しさは格別! ふるさと納税なら、とれたての新鮮な野菜やフルーツが産地から直送されるので、季節の味覚を思う存分味わえます。
山形県山形市に10,000円の寄付をするともらえる「山形市産佐藤錦1kg(500g×2)」のように、お目当ての食材を狙うのもいいですし、福岡県久留米市の「おまかせ旬野菜 耳納の恵み 春夏秋冬」(寄付金10,000円)のような詰め合わせセットもあります。根菜などを除くと日持ちしないものばかりですから、発送時期をチェックしておきましょう。

  • その他の食料品

ほかにも、地元で人気のスイーツ、チーズやジャムなどの加工品、その土地でしか味わえない郷土料理や地酒、調味料、麺類といった食料品が用意されています。

  • 現地で使える「宿泊券」など

ふるさと納税の返礼品は、自宅で楽しむものだけではなく、現地で使える宿泊券なども人気です。
例えば、兵庫県神戸市に200,000円の寄付をすると「有馬温泉宿泊優待券(2枚)」がもらえます。旅行の予定があれば、その地域にふるさと納税をすることで旅行代金を浮かせることができるのです。
宿泊券以外では、温泉入浴券、観光施設(動物園や博物館など)の入場券、農作物の収穫体験、スポーツ・レジャー・アクティビティ体験、陶芸体験なども。旅行好きの人はぜひチェックしてみてください。

  • さらにこんな返礼品も…

各自治体の返礼品をチェックすると、その地域の特色を盛り込んだサービスや特産品などが見つかることがあります。中にはこんなユニークな返礼品もありますよ。

熊本県熊本市
 「熊本市電 超低床電車『COCORO』の運転体験」
 寄付金額:30,000円(1回あたり20名限定)

岩手県八幡平市
 「ふるさとの雪かき代行」1回(5時間程度)
 寄付金額:50,000円

宮崎県延岡市
 「ヘラクレスオオカブト・オス150mm~+メス セット」
 寄付金額:50,000円

新着コラム

最終更新日 2019年9月2日