2019年3月6日 更新

本大会のスケジュールなど 本大会のスケジュールなど 五輪に向けた準備が進む中で、本番の競技スケジュールも公表されています。観戦やチケット購入方法などの情報は今のところ明らかになっていませんが(2018年11月現在)、まずは気になる競技の日程をチェックしましょう。

五輪のテスト大会とは? テスト大会のスケジュールや注目競技 五輪の追加種目新種目について 本大会のスケジュールなど

本大会のスケジュール

  • オリンピック

2020年東京オリンピックは2020年7月24日(金)~8月9日(日)の17日間にわたって開催されます。
大会組織委員会が公表した、オリンピックの競技スケジュール(2018年11月現在)は次の通りです。なお、スケジュールは今後の調整により、一部が変更になる可能性があります。

オリンピックの競技スケジュール

競技種別等7月8月
22232425262728293031123456789
開会式・閉会式                  
水泳競泳          
飛込      
アーティスティックスイミング              
水球   
マラソン
スイミング
                 
アーチェリー           
陸上競技トラック&
フィールド
          
マラソン                 
競歩                
バドミントン          
野球・
ソフトボール※
野球         
ソフトボール             
バスケットボール3×3              
バスケットボール    
ボクシング     
カヌースラローム            
スプリント             
自転車競技BMX
フリースタイル
                 
BMXレーシング                 
マウンテンバイク                 
ロード                
トラック            
馬術馬場馬術               
総合馬術               
障害馬術               
フェンシング           
サッカー       
ゴルフ            
体操体操競技          
新体操                
トランポリン                 
ハンドボール    
ホッケー      
柔道            
空手形、組手                
近代五種                 
ボート            
ラグビー              
セーリング         
射撃ライフル           
クレー              
スケートボードパーク                 
ストリート                 
スポーツ
クライミング
                
サーフィン                
卓球       
テコンドー                
テニス           
トライアスロン                 
バレーボールビーチ
バレーボール
    
バレーボール   
ウェイト
リフティング
          
レスリングフリースタイル、
グレコローマン
            

※野球・ソフトボールのセッションスケジュールについて、今後の調整で変更の可能性があります。

  • パラリンピック

2020年東京パラリンピックは2020年8月25日(火)~9月6日(日)の13日間にわたって開催されます。
大会組織委員会が公表した、パラリンピックの競技スケジュール(2018年11月現在)は次の通り。なお、スケジュールは今後の調整により、一部が変更になる可能性があります

パラリンピックの競技スケジュール

競技種別等8月9月
25262728293031123456
開会式・閉会式            
アーチェリー      
陸上競技トラック&
フィールド
    
マラソン            
バドミントン         
ボッチャ      
カヌー           
自転車競技トラック         
ロード         
馬術          
5人制サッカー         
ゴールボール    
柔道           
パワー
リフティング
         
ボート           
射撃       
シッティング
バレーボール
    
水泳    
卓球    
テコンドー           
トライアスロン            
車いす
バスケットボール
  
車いす
フェンシング
         
ウィルチェアー
ラグビー
         
車いすテニス     

東京以外で実施される競技は?

「東京」大会といっても、実は東京以外の競技会場が開催場所となる場合もあります。
多くは首都圏の会場ですが、サッカー(予選)のようにさまざまな県で行われる競技もあるため、お住まいの近くの開催場所をチェックしてみましょう。

東京以外での開催が決まっている競技(2018年11月現在)

競技種別等会場
バスケットボール さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)
ゴルフ 霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県)
射撃 陸上自衛隊朝霞訓練場(埼玉県)
セーリング 江の島ヨットハーバー(神奈川県)
サーフィン 釣ヶ崎サーフィン会場(千葉県)
自転車競技トラック伊豆ベロドーム(静岡県)
バスケットボール伊豆マウンテンバイクコース(静岡県)
ロード
(ゴール・個人タイムトライアル)
富士スピードウェイ(静岡県)
レスリング 幕張メッセ(千葉県)
フェンシング 
テコンドー 
野球・ソフトボール 福島あづま球場(福島県)、横浜スタジアム(神奈川県)
サッカー※予選札幌ドーム(北海道)、宮城スタジアム(宮城県)、埼玉スタジアム2002(埼玉県)、横浜国際競技場(神奈川県)、茨城カシマスタジアム(茨城県) 
※サッカーの予選は東京都内の東京スタジアムでも開催されます

サーフィンの「フェスティバル」とは?

大会組織委員会の発表によると、オリンピック期間中の2020年7月25日(土)~9月1日(土)、サーフィン競技が行われる釣ヶ崎サーフィン会場で「サーフィンフェスティバル」が開催される予定。具体的な内容は公表されていませんが、「観客がサーフィンのライフスタイルを楽しみ、体験し、関われるイベント(大会組織委員会より)」で、野外フェスのような雰囲気になると考えられます。
今回の2020年東京大会は、サーフィンやスケートボードなどの競技を追加種目に採用し、若者に五輪の魅力を発信することをテーマの一つに掲げています。サーフィンフェスティバルは、そんな2020年東京大会を象徴するイベントになるかも知れません。

五輪の具体的なイメージが明らかになり、じょじょに期待が膨らむプレ五輪イヤー。その中で、テスト大会は私たちが競技に興味を持つようになるなど、五輪のムードに弾みをつけるキッカケになりそうです。ぜひこの機会に、あなたも五輪の足音を感じてみてください。

新着コラム

最終更新日 2019年9月2日