ライフスタイルに合わせて選ぼう!新築一戸建て&中古一戸建て

2015年12月10日

これから自分たちのマイホームを探そうと考えている方の中で、戸建て住宅を検討している方もおられるでしょう。そこで選択肢として挙がってくるのが、新築にするか中古を買うかという点です。それぞれにメリットや条件の違いがありますが、新築と中古でどのような点を比較すべきなのかを見ていきましょう。

新築戸建ての特徴(メリット)

新築戸建て住宅の大きなメリットと言えば、やはりすべての建築素材や設備などにおいて新品が使用されている点でしょう。また、注文住宅なら内装や間取りなどを自分たちで自由に決めることもでき、より生活しやすくすることも可能です。その他、素材や設備などが新しいことから、メンテナンスが必要になるまでの期間も長く、住み始めてからしばらくは面倒もありません。
新築

中古戸建ての特徴(メリット)

中古戸建て住宅を選ぶ際に一番のメリットになることは、その価格です。安い価格で戸建て住宅を購入することができ、予算内にも収めやすくなります。また、すでに間取りなども完成していて設備も完備されているため、完成した生活空間を見ることができるのも利点でしょう。さらに、住宅の売主との兼ね合いもありますが、特にリフォームなどの予定がなければそのまま転居してすぐに生活を始められます。急ぎで転居先を探している方も安心です。

【新築戸建て派&中古戸建て派】それぞれの譲れないポイントを紹介

戸建て住宅を選ぶ際に、実際に新築または中古のいずれかを選んだ方々には、それぞれにここだけは譲れないというポイントがあったはずです。例えば新築を選ぶときには、誰も住んでいない新しい家であることはもちろんですが、注文住宅の場合に素材や設備、間取りなどを自分たちで決められるということに重点を置いた方も多いでしょう。
中古を選ぶ場合には、とにかく予算を抑えたいというときに安い値段でしっかりとした家を手に入れることができるわけですから、そこは大事なポイントとなります。また、戸建て住宅に広さを求めている場合、昔の住宅は今よりも多い家族構成を想定して建てられていますから、新築よりも広い住宅を見つけることも可能なのです。

中古を買った場合の今後のライフスタイル予想

戸建て住宅で中古を選んだときに予想できるこれからの生活を見てみましょう。まず、中古で購入することによって当初の予算よりも抑えた出費で済んだ場合、その浮いたお金をこれからの生活資金や子供の養育費などに充てることができます。また、残る金額にもよりますが、駐車場付きの家にして車を購入するといったことも不可能ではありません。子供の成長に合わせたリフォームも自由に行えますので、今小さな子供がいる方も将来的なビジョンを描きやすくなりますね。
さらに、中古住宅は新築当時に周辺の都市開発などに合わせて建てられたものが多いため、立地条件のよい中古住宅を選ぶことで生活の利便性もアップするでしょう。
子ども部屋

保証や税金など細かい部分での比較表

新築の戸建てと中古の戸建てを比較する場合に、住宅に対する保証や必要な税金のことも頭に入れておきたいところです。
新築住宅を建設したメーカーには、その住宅に対して瑕疵担保責任が課せられ、建築時の構造に問題があった場合にも10年間は保証がついていることになります。また税金に関しては一般的に、新築住宅には不動産にかかる固定資産税や登録免許税、不動産取得税などに軽減措置が取られることとなっています。
不動産にかかる税金

■戸建住宅はこちらでチェック
<新築一戸建て>
https://www.e-life.jp/shinchiku/
<中古一戸建て>
https://www.e-life.jp/used/


関連記事

住まいの情報ナビ
  • 知っていると役立つ!間取りの基礎
  • スマートハウスの基礎知識
  • 身のまわりの害虫・害鳥・害獣対策
  • 生活サポートサービス活用法
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top