見て触ってイメージする!オープンハウスで我が家の将来をシミュレーション!

2015年12月10日

オープンハウスとは、住宅の購入を検討している方々へ向け、自由に見学できるよう開放している建て売り住宅の事を指します。特定の開放日を設定し、期間内であれば自由に立ち入りや見学が可能であることが特徴です。実際に販売している物件を使用するため生活をイメージしやすく、細かい疑問や不安を購入前に解消することが可能です。

居住後のイメージがふくらむ「オープンハウス」

住宅とは即ち、生活の拠点であり、人生の拠点でもあります。全ては「住むこと、暮らすこと」から始まっていきます。それだけに実際の生活をイメージできるような機会は絶対に必要ですよね。オープンハウスは、外観や間取り図だけではなく、実際に建物に立ち入って間取りや雰囲気を確認することが可能です。これからの生活や将来の人生設計のイメージに合う住処か否かをしっかりと確認できるのです。
オープンハウス

チラシやカタログでは伝わらない!「住み心地」という感覚

平米やメートルといった、数値で表されるスペックだけでは掴みきれないのが「住み心地」です。オープンハウスでは床や壁の手触りと匂い、照明を取り付けた時の雰囲気、体感温度や音、空気の流れといった人間の五感が敏感に感じ取る部分を体感できます。単純に広く大きく頑丈なだけが、「家」ではありません。自分の感性に合うかどうかが住み心地を決定づける重要な要素です。
住み心地

自分のイメージと実際のサイズには大きな違いがあるかも!

カタログや図面で「寝室は10畳」「床面積は100平米」と説明されても、その数値から自分がイメージする広さと実際の広さには、違いが出てしまうものです。「思っていたよりも狭く感じる」「少し広すぎるかな」など、数値通りの感想を抱きにくいことが多くあります。また、台所で料理をするときやトイレ、お風呂の水音も生活には影響が出るもの。音は常に付き合うものですからね。さらに階段の傾斜角度や段差、部屋と部屋の間をスムーズに移動できるかなど、内部に立ち入ってみなければ確認できないことは本当に多いのです。

プロが立ち会うからわからないことはその場で解決!

オープンハウスの大きなメリットの一つは、疑問や不安を「その場で解決できる」ことです。内部を見学する際に住宅に関する疑問や不安が生じた場合は、その場で質問することが可能です。住宅購入は、人生における大きな買い物の一つですから、最後まで悔いのないように慎重に決断をしたいものです。値段に関わらず納得して買い物ができれば、購入後の満足も生まれやすくなります。オープンハウスはまさにその納得と満足を得るための、絶好の機会とも言えるでしょう。

出入り自由だから空いた時間を有効活用!

オープンハウスは、設定された日であれば出入りが自由です。その場に立ち寄るだけで、すぐに内部を確認できます。しかし予約が必要な場合もあるので、手始めに予約不要のオープンハウスを見学してみると良いでしょう。もっと詳しく住宅を見たい方は、予約するタイプのオープンハウスをお勧めします。予約することによって、確実にスタッフが付き添って案内をしてくれるサービスや、希望を伝えておけばオープンハウス以外の住宅も見学できる場合があるため、より詳細な比較検討が可能になります。オープンハウスは主に週末や連休の期間に開催されることが多いため、まずは直近の週末に開催されるオープンハウスに足を運んでみてはいかがでしょうか。
オープンハウスの見学

▼オープンハウス/現地販売会ページはこちら
・東京
https://www.e-life.jp/special/24201/
・神奈川
https://www.e-life.jp/special/20162/
・千葉
https://www.e-life.jp/special/24241/
・埼玉
https://www.e-life.jp/special/20121/


関連記事

住まいの情報ナビ
  • 新築・リフォーム・今の住まいで、安心・快適な“エコ住宅”暮らし
  • 最新家電はここをチェック!
  • 女性がムリなく痩せられるダイエットの基本
  • 身のまわりの害虫・害鳥・害獣対策
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top