なにで選ぶ?選ぶポイント別の新築マンション&中古マンション比較!

2015年12月10日

賃貸を卒業し、いよいよ自分の城を持とうと考えたとき、マンションは有力な選択肢になると思います。実際にマンションを選ぶ場合、どのような点を重視したらいいのか、ライフスタイルや将来設計に合わせて考えてみましょう。

「新築」に住むということを重視する方に向けた比較

新築マンションのメリットは何と言ってもその新鮮さ、真新しさですよね。少々価格が高くとも、新しい生活には新しい家を!と考える方は多いと思います。耐震基準を考えると、やはり中古マンションは見劣りすることも事実です。しかし耐震基準は度々の改正によって内容が変化しているため、建築された時期によっては中古でも十分な耐震性を備える物件が存在します。仮に中古も視野に入れているのならば、建築時期をチェックしてみると良いでしょう。ライフスタイルの変化に伴い、新しい生活のスタートを新しい環境で切りたいと考えているのなら新築マンションがお勧めです。
マンション

設備/仕様を重視する方に向けた比較

新築マンションの近代的で快適な設備は大きな魅力です。特に、ロビーがカフェのようにくつろげるスペースになっており、より快適性を重視した間取りやインテリアを採用しています。セキュリティに関する意識も高く、防犯カメラや堅固なオートロック機能を備えていることも特徴。さらに最新の基準に基づいた設計により耐震性、防音性なども優れている場合が多いのです。自身や家族の将来を見越して、バリアフリー設計が選びやすいことも大きなポイントでしょう。
バスルーム

資産価値を重視する方に向けた比較

マンションの資産価値を意識した場合、新築マンションに分がありそうです。住宅の資産価値は当然ながら経年とともに低下する傾向にあります。新築マンションは購入直後の資産価値下落幅は大きめであるものの、そこは長期的に見ていく必要があります。将来的に長く住む住宅ならば、5年後、10年後の純粋な価格の下落を抑えることが可能です。この点を考慮すると新築マンションに勝るものはないと言えますね。

<新築分譲マンション>
https://www.e-life.jp/new_mansion/

金額を重視する方に向けた比較

中古マンションの最大メリットは、手に届く範囲の価格です。無理なローンを組んだり、銀行からの融資を受けるまでもなく、今現在ある蓄えで購入が可能になったりする物件が多いのです。内装や主要な設備はリフォーム済みの物件が増えています。仮にリフォームしていなくとも、その分だけ安く購入し、自分好みのリフォーム資金にまわすことも可能です。さらに交渉が得意な方であれば、価格の交渉で値引きが受けられることもあります。現実的で柔軟な価格設定が大きな魅力です。

立地、利便性を重視する方に向けた比較

中古マンションは、単純に土地が開いている時に建てた分だけ、立地条件や生活の利便性が高いことも特徴です。さらに土地価格が高騰する前に建設されているため、長く住んでいる住人が多く治安も良いのです。東京都内を例にとってみても、利便性や快適さで人気の街である吉祥寺や下北沢は、昔ながらの商店街や自治会が残っています。伝統的に便利な場所であるからこそ人も長く居着き、利便性と伝統を併せ持っているのですね。
利便性

広さ/間取りを重視する方に向けた比較

中古マンションは購入後の自由度が高いことも大きなメリットです。既存の間取りでは満足できない、独自志向を追及する方にはうってつけであると言えます。元々の購入価格の安さから、あまり金銭的損失を気にせずに内部に手を入れやすいので、リフォーム前提で購入される方が多いのです。新築マンションにはない、中古ならではの利点を活かしながら自分流の快適な間取りを実現したい方には、中古マンションがお勧めできます。
リフォーム

■マンションはこちらでチェック
<中古マンション>
https://www.e-life.jp/apartment/
<新築分譲マンション>
https://www.e-life.jp/new_mansion/


関連記事

住まいの情報ナビ
  • マイホームの「どっちにする?」を徹底比較【設備編】
  • 我が家で趣味を楽しむ!
  • ほんのり心地よい「和の暮らし」
  • はじめよう!移住・田舎暮らし
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top