2020年8月25日 更新

ナビゲーション/イメージ

ライフスタイルから物件タイプを考える

戸建てかマンションか迷ったときに、参考にしたいのがライフスタイル。自分や家族の心地よい暮らし方をイメージすることで、理想のマイホームに近づくはず! TOP あなたはどっち? 戸建てorマンション 特徴を比較 物件の希望条件 物件を比較 費用・生活面 ライフスタイルから考える

自由度で選ぶなら戸建て、利便性重視のマンション

ライフスタイルで選ぶ「戸建て」

戸建ての場合、建物も土地も自分のものとして扱えるので、管理や修繕、ペットの飼育、庭の使い方などについて、基本的に自分の判断で自由に行えます。また、建物が独立していることから騒音トラブルの心配も少なく、日常の生活音や楽器の演奏もそれほど気を使わなくて済みます。
マンションと比べて自由度の高い戸建てですが、裏返せば自分でしっかりと物件を管理する必要があるということ。マンションのように毎月の管理費や修繕積立金の支払いはないものの、各自の判断でメンテナンスや定期的な修繕を行っていく必要があります。
さらに、駅近で都心へのアクセスがよい便利な物件は少なく、あっても高額です。毎日の通勤・通学に支障がないか、事前に確認しておきましょう。

・戸建てに合うライフスタイルの例

□子どもがいるので、なるべく広い家に住みたい
□駅から多少遠くても庭のある家がよい
□いつかペットを飼ってみたい
□2台以上の駐車スペースが必要
□ちょっとした修繕や手作業が苦にならない
…など

ライフスタイルで選ぶ「マンション」

基本的に駅から近い立地が多く、便利な共用設備、充実したセキュリティなど、利便性のよさが魅力のマンション。共用部分の管理や修繕は管理会社におまかせできるため、居住者の負担も少なくなります。
マンションでは一つの土地に複数の住戸が集まっているため、人の目が届きやすく防犯上の安心が得られる一方で、プライバシーや騒音の問題に発展することもあります。特に騒音はマンションで最も多いトラブルですから、深夜や早朝の足音やドアの開閉音などには気を付けたいものです。
また、住居部分については各自が管理を行いますが、管理規約によって自分の思うように修繕やリフォームができないケースも見られます。

・マンションに合うライフスタイルの例

□通勤時間の短縮のため、駅近の立地を希望
□ターミナル駅にアクセスしやすい立地がよい
□深夜に帰宅するのでセキュリティを重視したい
□高層階からの眺望を楽しみたい
□建物や設備のメンテナンスの手間を省きたい
…など

メリット・デメリットをよく考えて

戸建てとマンションのどちらも、メリットがある一方でデメリットも存在します。戸建てとマンションの特徴を見極め、自分や家族のライフスタイルに合う物件タイプの中からマイホームを探しましょう。

新着コラム

最終更新日 2020年9月8日