リフォームの経験者達が語る「業者選びの決め手」

2021年9月30日

長く住んでいると、自宅のあちこちに傷みが出てくることもありますよね。建築年数が古くなっても、リフォームをすればまだまだ住み続けることができる場合もあります。また、必要に応じて間取りを変更したり、増築したりするケースもあるのではないでしょうか。ただ、リフォーム業者の数は多く、どこに依頼したら良いのか迷う人も多いようです。そこで、今回はどのような理由でリフォーム業者を決めたのかについてアンケートを取ってみました。気になる費用についても要チェックですよ。

決め手はやっぱり丁寧でわかりやすい説明!

アンケート結果を見ると、実際に問い合わせた際に「丁寧で説明がわかりやすかった」という理由でリフォームを依頼した人が多いようです。また、知人からの紹介や口コミなどを参考にしたといった声も見うけられました。

・担当者の感じが良く、こちらの希望をきちんと聞いてくれた上で的確なアドバイスをしてくれたから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・両親が歳をとり、足元がおぼつかなくなってきたので、浴室をリフォームしました。施工は、丁寧で堅実な施工が評判の長崎材木店にお願いしました。予算は約20万円です。(40代/男性/正社員)

・カベの色を変えました。色が特殊で外壁塗装で300万円です。丁寧な説明が決め手です。(40代/男性/正社員)

・わたしがリフォームした時の業者の決め手は知人からの紹介で知人宅のリフォームを行った業者です(30代/男性/正社員)

・ネットで口コミが多かったので、この会社に決めました。また、家にチラシが入っていたことも決め手になりました。ポイントも貯まるのでよかったです。キッチンと和室を一つにしてリビングダイニングにしました。200万円弱くらいでできました。(50代/女性/専業主婦(主夫))

寄せられた意見から、知り合いに業者がいたり、周囲でリフォームをしていたりすると仕事の姿勢や人柄なども知りやすく、依頼の決め手になることがわかりました。ただ、それ以外の場合は、実際に問い合わせて業者の言動を見たうえで決める人が多いようです。数カ所をまとめてリフォームする場合は費用も高額になるため、丁寧で親身になってくれる業者や仕事に対して熱意がある業者が信頼できると感じて依頼したことがうかがえました。費用は部分的なリフォームであれば20万円以内に抑えることができたという声もありますが、水回り全体など数カ所まとめてリフォームすると約100~600万円かかってしまうようですね。

業者選びは問い合わせたときから!言動は厳しめにチェック

知り合いの業者や知人からの紹介など、信頼できる業者がいればリフォームの依頼も任せやすいですが、それ以外の場合はしっかりと業者がどのような言動をしているのかを観察して決める人が多いようです。費用は部分的に依頼するのか、まとめて依頼するのかで大きく異なり、数万~600万円ほどかかったという声が寄せられました。リフォームは頻繁にするものではなく、高額な費用がかかるケースもあります。そのため、ネットの口コミだけを参考にするのではなく、親身になってくれて、見積書などもわかりやすい業者に依頼しましょう。

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
■調査期間:2021年09月09日~2021年09月23日
■有効回答数:100サンプル
【自宅をリフォームした事がある方へ】依頼した工務店・業者を決定した【決め手】を教えて下さい。また、可能な範囲で相談・依頼したリフォームの内容・費用も教えて下さい。

【回答一覧】

・依頼した会社の決め手は提案力とこちらの希望を熱心に取り入れて何度も打ち合わせをして下さった熱意です。リフォームの内容は部屋の増築です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・西村建設です。
主人も私も西村君も中学の同級生で、家は建て売りでしたがリフォームは自分達で選びました。
キッチン、風呂、トイレの水回りを350万位の予定でしたが、外壁やリビングも提案され、800万弱でしたが、満足しています。(50代/女性/正社員)

・地元の工務店に頼みました。壁紙の張り替えだけなので、3万円で済みました。(50代/女性/個人事業主)

・新築そっくりさん(住友不動産)のCМ広告や地元の工務店さんへの受注依頼だったのもあり、決定しました。水回りを中心にお風呂、流し台、トイレ、玄関をリフォームしました。湿度の高い場所でもあるので、床下や壁、外壁等、防水や断熱等の基礎を確認してもらい、設備を全てリフォームしました。600万弱の予算で施工。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・知り合いがリフォームをしたのをみて、とてもよかったので同じ業者を教えてもらいました。
キッチンの水まわりが古かったので、最新のタイプにリフォームをしたくて相談しました。
費用は30万円です。(40代/女性/個人事業主)

・ネットで口コミが多かったので、この会社に決めました。また家にチラシが入っていたことも決め手になりました。ポイントも貯まるのでよかったです。キッチンと和室を一つにしてリビングダイニングにしました。200万円弱くらいでできました。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・害虫駆除を依頼した業者にベランダの改装の剣を伝えこいにしている業者を紹介していただいた(40代/男性/正社員)

・知り合いのつてです。
金額についてはお控えさせていただければと存じます。(30代/男性/個人事業主)

・家族に、在宅で手すりを設置する必要があった時のことです。
相見積もりをとる中でも、手すりが必要になる本人の身体状況、また設置により同居家族の咎となるデメリットを親切に教えてくださいました。
決め手となりましたのは、手すりを設置することによる本人のメリット、家族のデメリットを丁寧に説明してくれたことです。(40代/男性/パート・アルバイト)

・値段と対応の丁寧さ。実際に不具合があった際に当日中に直しに来てくれた。
お風呂場のリフォーム(壁・床・ドア・浴槽・湯沸し器の取り換え)
158万円(20代/女性/学生)

・大手の業者ではなく地域に根付いた中規模の業者選びをした。これは施工後のメンテナンスや点検等のアフターサービスが充実しているため。(50代/男性/正社員)

・依頼した業者を決定した「決め手」は、費用と評判(口コミ等)。複数の業者に見積依頼や問い合わせをするとその業者の仕事ぶりのレベルはおおよそ見当がつく。リフォームの内容は床のフローリングの張替えと、壁紙の張替え。費用は合計で100万円くらいだったと記憶している。(50代/男性/個人事業主)

・地元の家電量販店の一角に、オール電化リフォームのコーナーがあり、そこで相談・依頼をしました。本当はフルリフォームしたかったのですが、予算が足りず水回り(キッチン・お風呂・トイレ)のみ施工。費用は合計で約300万円かかりました。家電もまとめて購入出来たことと、価格が安かったのが決め手です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・知り合いの方から紹介してもらい、業者を決定しました。
リフォームした場所はキッチンですが、リフォームをしたのは数十年前のことなので、費用は忘れました。(50代/女性/無職)

・不動産会社から紹介のような形で決まりました。団地の4部屋ほどを全部リフォームしたので、500万円ほどかかったかもしれません。(40代/男性/個人事業主)

・見積もりに、◯◯一式ではなく、詳細項目と金額が詳細にはいっていた。
追加徴収が発生するのはこんな時です。と話しをし、文章でも提示あり。屋根塗装と外壁塗装と雨樋補修(40代/女性/正社員)

・痛んだ波板の雨よけ屋根のリフォームを依頼しました。決め手は金額と丁寧な説明でわかりやすかったので依頼しました。痛んだ屋根材の撤去と屋根の吹き替えで15万円ほどでした。(40代/男性/無職)

・中古住宅を購入した際に、お世話になった不動産提携の工務店を利用しました。提携店なので施工料が20%オフになると言われたのが決め手でした。>
外壁と屋根の塗装を依頼し、耐用年数が約10年ほどの施工で、費用は150万円ほどでした。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・地元の業者で評判が良かったからです。お風呂場の浴槽のリフォームをお願いしました。20万円程でした。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・自宅(分譲マンション)の和室を、洋室(フローリング)にリフォームしました。リクシルに依頼しました。ウェブサイトに類似事例が載っており仕上がりのイメージがしやすかったのと大手であること、施工期間が短くて済む(住みながらだったため)のが選定の決め手でした。費用は50万円ほどでした。(40代/女性/個人事業主)

・リフォーム代は70万です。一戸建ての1階を店舗仕様に変えました。
予算を抑えたかったので、大手メーカーではなく自社一貫でお抱え大工のいる小さな工務店に決めました。地域に密着している工務店だったので、近所に施工例もあって信頼できました。家族経営でアットホームな雰囲気で、希望を話しやすかったのもあります。(40代/女性/個人事業主)

・昔から知っている地元の工務店で、外壁やリビングの床・トイレなどをリフォームしました。(40代/女性/無職)

・同じマンションで先にリフォームした方からの紹介で同じ業者に頼みました。もともとユニットバスだったのを新しいものに取り替えただけなのですが、見違えるようにきれいになりました。50万円ほどでした。(40代/女性/パート・アルバイト)

・注文住宅だったので設計からお任せできるところが決め手となりました。(30代/女性/個人事業主)

・親戚に工務店を経営している人がおり、必然的に利用しなければならなかった(30代/男性/正社員)

・金額や工期も大切ですが、決め手となったのは担当者の対応です。
実家のリフォームの際2社から見積りを取りましたが、選んだ会社の担当者はまずこちらの話をきちんと聞いてくれたので要望を伝えやすかったです。見積りも一式というものではなく、細かく表記して対面でもしっかりと説明してくれたので不安が解消されました。(30代/女性/正社員)

・近所の知人からの紹介。ここ数十年は町でも評判の建築会社だったから。
リフォーム内容は、2階寝室の天井とクローゼットの建て直しと、内壁の張り替え。1階廊下の内壁の張り替えと、和室の畳の張り替え。
費用は保険とサービス割り引きを使用して、およそ145万円。(50代/男性/パート・アルバイト)

・当時は、その工務店の大工さんとは共通の趣味と共通の知人とがあったために依頼することになりました。新居とは別に古家の軒端修繕を依頼しました。費用については忘れてしまいましたが、軒端に置きっぱなしにしていた諸々の粗大ごみもついでに回収・処分してくれたことは覚えています。(40代/女性/個人事業主)

・過去に自宅を増築した時にお世話になった工務店で、その後もずっとメンテナンスなどでお世話になっていたため、その流れで依頼しました。(40代/女性/個人事業主)

・以前になにかのキッカケで依頼した業者があり、自然な流れで次回もそこにお願いすることに。(40代/男性/個人事業主)

・下水道の敷設に伴いトイレをリフォームしました。ハウスメーカーで建てた家なのでそのハウスメーカーに依頼しました。(40代/女性/パート・アルバイト)

・以前にも一度お願いしていたので、家の作りも分かっているし、社長の人柄もだいたい知っているので。
リビングの壁全体をパイン素材に、トイレと洗面所の床の張替など。約300万(40代/女性/パート・アルバイト)

・実家のトイレのリフォームを以前お願いしたことがあります。値段は23万ほどでした。
汲み取り式のトイレから水洗トイレへのリフォームです。
3社に見積もりを出していただいたのですが、値段は数万円の差ほどしか無かったため、最終的な決め手となったのは業者さんの対応の差でした。(20代/女性/無職)

・ネットで調べて 比較したら口コミなど一番よさそうだった業者に決めました(30代/男性/正社員)

・知らない業者では、不安があったのでもともと知っていた業者に頼んだ。(40代/男性/個人事業主)

・自宅を建てた時からお世話になっている工務店にお願いしました。間取りや悩みを熟知しているからです。古くなったので水回り(台所)を新しくしてもらい、日当たりが良すぎるので焼けない素材にしてもらいました。費用は約60万円でした。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・親戚が工務店をしているので必然的にそこへたのみました。トイレ、お風呂、洗面台をリフォームしました。詳しい金額は忘れましたが、トイレだけで20万位かかった記憶があります。(50代/女性/個人事業主)

・風呂場をリフォームするのとバリアフリーにするためのリフォームをしました。業者は知り合いに頼みました。多少の値段が高くなったとしても相談しやすいことと融通が利く点が決め手でした。(20代/男性/学生)

・コーナンでリフォームしました。他のリフォーム業者も、いくつか見積もりを取って、最終的に決め手となったのは金額の安さと、リフォームにかかる日数の短さでした。(50代/女性/パート・アルバイト)

・元々付き合いのある相手だったので過去の実績から決めました。
地元でも評判が良かったのも理由の一つです。(40代/男性/正社員)

・良心的な見積もり、そしてニーズを細かに聞いてくださったりという親切な応対・サービスが決め手でした。リフォーム箇所は主に階段や水回りの手すりの取り付け・段差をなくすなどです。(30代/女性/個人事業主)

・信頼できる知人の紹介。その人が、以前利用した際に丁寧な仕事をしてもらったと言っていたから。リフォーム内容は、キッチンの改装で費用は25万円くらい(40代/女性/正社員)

・手頃な価格だったので決めました。また、従業員の方の気さくな性格もお願いしようと思った理由の一つです。(30代/男性/学生)

・親戚が経営する会社の下請け業者に依頼したため、理由は率直に言えば「親戚に仕事をあげるため」です。当初の予定では床の傾きを直す、外壁の塗装、屋根瓦の交換でしたが、着工後に次々とリフォームしたほうが良い場所を指摘され、大幅に予算オーバーしました。予算は600万円、実際のリフォーム費は約1300万円です。(40代/女性/無職)

・自宅を建てた時にお世話になりました業者に依頼しました。大手で信頼があることが決め手です。(40代/女性/個人事業主)

・決め手となったのはリフォーム対応までが早いこと。地震によって壁に亀裂が入ってしまい、早めの対応をしてほしかったため、1週間以内にリフォーム開始となる業者を選びました。リビングの壁紙貼り替えと補強で20万円弱でした。(20代/男性/正社員)

・リフォーム終了までの期間は大差がなかったので、費用を比較して1番安いところに決めました。駐車場に屋根をつけ、駐輪スペースも確保しました。(30代/男性/無職)

・決めては、知人の紹介だったことです。知り合いならば、まさか不誠実なことはしないのではないかと思いました。トイレの便器交換と床のリフォームで10万円くらいでした。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・知人が紹介されてこれまでの実績もしっかりと自分の目で見ることができたから(30代/男性/パート・アルバイト)

・畳の張替え。昔からお世話になっている地元の畳屋さんなので。8万円ほどでした。(30代/女性/正社員)

・実績や口コミ情報を参考にして選びました。相談した時の丁寧な対応が決め手となりました。(40代/女性/個人事業主)

・家のつくりを理解していて話が早いため、家を建てた会社にリフォームもお願いした。2階の部屋を分割して二つの部屋にするリフォームを依頼した。(30代/女性/公務員)

・親切丁寧な対応をしてくれるスタッフさんたちだったので依頼しました。(30代/女性/個人事業主)

・家を施工した積水ハウスに依頼しました。安心できる業者なので選ぶことにし、外構を依頼しました。費用は100万円くらいでした。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・知人のご主人がリフォーム工事をしている会社を経営されていたので、こちらの希望が通りそうだと思い決めました。(50代/女性/個人事業主)

・近所に実際にその業者が施工した例があり、その仕上がりが素晴らしかったことと、その業者の人当たりが良かったため。依頼したのは外壁塗装で、200万円ほど。(30代/女性/個人事業主)

・費用を検討にいれたのはもちろんですが、工務店の人間性が自分に合うかが大きな決め手になりました。(30代/男性/正社員)

・知人の紹介で工務店を決定しました。依頼したリフォームの内容は、床の張替えとお風呂のリフォームです。(40代/女性/個人事業主)

・住宅関係の仕事をしている知人に数社の工務店を紹介してもらい、見積りをみて希望に近い業者を決めました。
決めては、こちら側の要望に工務店側でも調べたりして、より良い条件に合う様に力添えをして頂いたことです。
リフォームの内容はバスルームのリフォームで費用は50万位でした。 (50代/女性/正社員)

・カベの色を変えました。色が特殊で外壁塗装で300万円です。丁寧な説明が決め手です。(40代/男性/正社員)

・浴室やトイレ、台所などの水回りのリフォームをお願いしました。正確な値段は忘れてしまいましたが、もろもろ工事費込みで800万円くらいだったでしょうか。知り合いの方が新築を建てるときにお願いしたという工務店を紹介してもらいました。とても親切で、今でもいろいろとお世話になっています。(30代/女性/パート・アルバイト)

・決定前に、数人の業者さんとお会いしました。結局、会社というよりも第一印象で人柄が一番信頼できそうな方を選びました。賃貸アパートの1世帯分を大きくリフォームして、約800万円ほどかかりました。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・スタッフの人柄と業者のリフォーム内容や信頼性で決定しました。外構工事を依頼しました。(40代/女性/無職)

・トイレの水回りをリフォームしました。アフターケアが手厚い点が決め手でした。(30代/男性/個人事業主)

・値段と工期の早さ。
バスルームのリフォームを依頼しました。
費用は親が負担してくれたので詳しくは分かりませんがだいたい50万前後だったと聞いています。(40代/女性/パート・アルバイト)

・わたしがリフォームした時の業者の決め手は知人からの紹介で知人宅のリフォームを行った業者です(30代/男性/正社員)

・地元の業者で信頼できて、以前にも屋内の工事を依頼したことがあった。トイレと洗面所のリフォーム。(40代/女性/パート・アルバイト)

・対応や内容を詳しく検討して、これだと思ったので決定しました。(40代/男性/正社員)

・キッチンとトイレ、洗面所、お風呂のリフォームを依頼ました。依頼をした業者は、水回り4点がセットパックになっており、まとめて安く施工できたことが決め手となりました。合計で、190万円かかりました。(40代/女性/パート・アルバイト)

・屋上とベランダの防水塗装、フローリングの補修をしました。業者はネットで調べて、地域密着型で小さなリフォームでもきちんと対応してくれそうなところを選びました。実際に丁寧な仕事で満足出来ました。(50代/男性/正社員)

・友人から良い業者があると教えてもらったのが決め手となりました。ユニットバスのリフォームにかかった費用は、トータルで10万円弱でした。(50代/男性/個人事業主)

・親戚の親戚がリフォーム店を経営していて、そこを選ばざるを得なかった。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・注文住宅で家を建てました。リフォームするときも迷わずにそこの工務店さんにお願いしました。理由は、家のことを誰よりも詳しく知っているからです。最近の話ではないので、詳細は覚えていません。でも、家の外壁が古くなったので、色を変えて、屋根も新しくして。主に外側の部分で、家の中のリフォームはしませんでした。(50代/女性/個人事業主)

・屋根の修理・塗装をお願いしました。とても親切で価格も安かったので選びました。(50代/女性/無職)

・建売の自宅を購入した際に、担当になった方が居るという理由で工務店を決めました。ベランダの屋根を取り付ける相談で、リフォーム費用は10万円前後になりました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・キッチンのリフォームを依頼し、その際、オール電化にするためエコキュートも購入しました。決め手は価格で、費用は100万円でした。(40代/男性/正社員)

・昔からの知人が工務店をしていたからです。費用は1300万、1階の2部屋をワンフロアにして1階にあった風呂場と洗面台を2階に移動させました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・つい先日、引越しを終えたばかりでリフォームを施す必要がないため、施工を行っていません(20代/男性/無職)

・子供の頃からの友達の紹介だったから。
地元で長くやっている業者だったから。
屋根の修理で100万円くらいだった。(40代/男性/個人事業主)

・大手であること。
洗面化粧台の取り替えで、15万ぐらいだったと思います。(50代/女性/無職)

・トイレ・風呂場・キッチンのリフォーム。費用500万。費用実績件数、口コミ、見積もり時の接客態度などから判断。無料で建物の状態を立ち会いの元、細かい部分まで検査をし、リフォーム後の手直しなども受け付けてくれる業者を利用した。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・工務店が実際に手がけた家を調べて決めました。リフォームの内容はバリアフリー、断熱、子ども部屋の増設です。およそ600万円です。
2回目は、同じ工務店に震災後、補修と補強のためにお願いしました。およそ400万円です。(50代/女性/無職)

・両親が歳をとり、足元がおぼつかなくなってきたので、浴室をリフォームしました。施工は、丁寧で堅実な施工が評判の長崎材木店にお願いしました。予算は約20万円です。(40代/男性/正社員)

・丁寧な接客に誠意を感じ、安価で住宅内や床下の修繕などをしてくれたので決めました。(20代/男性/無職)

・見積り後のスケジュールをこちらの希望通りにしてくれたことと、建材に関することをメールで相談したときのレスポンスの早さが決め手になりました。(40代/男性/正社員)

・過去の実績から安心してリフォームを任せる事ができる業者を選定しました。台所の床を7万円でリフォームしてもらいました。(40代/男性/正社員)

・初めてそうだんしたメーカーに何も考えずに決めた。
結果論ではあるが、やってよかった(40代/男性/正社員)

・部屋を増やすという大掛かりな作業なります。範囲で考えていると、予想を大きく上回る金額が必要になってきます。(50代/男性/正社員)

・家族が引っ越しに伴いリフォームをした際、お世話になった業者がとても親切だったため、そちらにお願いした。
古くなっていたキッチンを新しくし、壁を取り払って空間を広くした。それ以外は、壁紙の張り替えなど、必要最低限にとどめた。
費用は100万円ほどだったと思う。(40代/女性/無職)

・築年20年程のマンションの床・壁・水回りのリフォームをお願いすることに。
悪徳業者が横行する中、施工業者の選択は難しい・・・・・・・・・。
そこで物件購入時の信頼できる不動産屋さんに紹介して頂きました。
費用は百万円程で安くはないですが永住の住処として納得できる仕事をして頂いたと考えています。(20代/男性/正社員)

・網戸の交換を、家を建てたときにお世話になった業者に依頼しました。家を建てた後も、アフターサービスで時々来てくれていたので、網戸の交換も相談しやすかったからです。費用は3万円くらいだったと思います。(40代/女性/パート・アルバイト)

・地域密着型の営業で見積もりの内訳が分かりやすいことが選んだ決め手です。リフォームは外壁塗装とひび割れの補修で、費用は総額で30万円かかりました。(40代/男性/無職)

・見積りが丁寧で信頼できました。リフォームした内容は、洗面台の取り外しと三面鏡への変更です。費用は15万円。(30代/女性/正社員)

・自宅のお風呂場をリフォームしました。祖母がお風呂に入る時に手すりがあったら便利だなと思って付けました。依頼した業者は、住んでいるマンションの施工をやってくれている専属の業者です。費用は60万程でしたか、浴槽も広くなり浴室の床も乾燥しやすくカビが生えにくいのが嬉しいです。いつも丁寧で何より顔見知りなので。(30代/女性/パート・アルバイト)

・担当者の感じが良く、こちらの希望をきちんと聞いてくれた上で的確なアドバイスをしてくれたから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・決め手:当時働いていた会社の関連会社に依頼しました。理由は安心できるからです。リフォーム会社は相場が分からず、変なところにお願いするとぼったくられる心配があったので、得体の知れている会社にしました。
内容:1Fの床、キッチン・トイレの入れ替え、お風呂、1F2F壁紙の張替で300万くらいだったと思います(30代/女性/個人事業主)

・地元で知っている会社だったから。お風呂、トイレ、キッチンの水回りと段差を無くした。(30代/女性/正社員)

・値段と自分の理想通りにしてくれるかどうか。1番重要視した点は金額面です。(20代/女性/学生)

・友人が社長を務める会社だったため、金額、センスともに信頼できたため。(40代/女性/個人事業主)

・子供二人がそれぞれ一人暮らしをしたことで、実家にある二つある子供部屋をなくし、広い1つの部屋にしようとリフォームを依頼しました。見積もりが思っていたより安く50万円以内になり頼んで良かったです。(20代/女性/パート・アルバイト)


関連記事

住まいの情報ナビ
  • マイホームの「どっちにする?」を徹底比較【設備編】
  • 保護者が知っておきたい子どものインターネット・SNS
  • 安心・快適な一人暮らしを楽しむために
  • はじめよう!移住・田舎暮らし
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top