もうしてる?ペットのバリアフリー

2017年10月22日

人間と同じように、ペットの間でも高齢化が進んでいます。それに伴いさまざまな問題が生じているのも事実です。高齢になったペットの足腰が弱ることで、バリアフリーを検討している人もみられます。しかし、実際にはどれくらいの人がペットのためにバリアフリーを導入しているのでしょうか。そこで今回はペットのバリアフリーについて、したことがあるかどうかのアンケートを行いました。

【質問】
【ペットを飼っている方へ】段差・隙間の解消など「ペットのためのバリアフリー」したことありますか?

【回答数】
したことがある:25
したことはないが検討している:21
したことはなく、今後もする予定はない:54

やっぱり段差は気にならない!バリアフリーの必要なし

アンケートの結果、一番多い回答には「したことはなく、今後もする予定はない」が選ばれました。

・マンションに住んでいるため、段差がない生活をしているからです。(20代/女性/パート・アルバイト)

・飼っているのが猫なので段差など気にしないため今後も予定はない(30代/女性/パート・アルバイト)

・犬を飼っています。段差は気にならないです。今後もバリアフリーにする予定はまったく無いです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

ペットを飼っている場合でも、住宅によってはバリアフリーにする必要がないところもあるようです。段差が気にならないと答える人もあり、必要がないのであれば、現状のままでいいのかもしれませんね。猫などは身軽であるため、バリアフリーにする必要がないという意見もみられ、ペットの身体能力によって、バリアフリーの必要性が変わってくるということがうかがえました。

少しでも負担を軽く!バリアフリーをした経験あり

二番目に多い回答は「したことがある」であり、その次に多かったのは「したことはないが検討している」でした。

・ダックスを飼っていて、まずベッドをやめて布団にしました。キッチンへ続くドアにはゲートを付けました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・階段が上がれなくなってしまったので、板などを利用し坂を作って昇る負担を軽減することをしました。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・老犬なので階段を作ってあげたり、滑らないようにマットをひいてあげています(20代/女性/無職)

・今はまだバリアフリーにしないといけないような年齢ではないが今後必要があれば考えて行こうと思う。(30代/女性/正社員)

・これまでやったことはないが、ペットの犬が年をとってきて、歩きづらそうなので、検討しはじめた。(40代/女性/正社員)

したことがあると回答した人の多くは、段差をなくしたりマットを敷くなど手軽にできるものを取り入れているようです。少しでもペットの負担を軽くしてあげたいと考えているのでしょう。検討していると答えた人は、まだペットの年齢が若いとみられます。今後バリアフリーの必要があることを視野に入れ、必要に応じて対応していこうと考えていることが分かる結果となりました

それぞれのペットに合わせた対応が肝心!

アンケートで最も多かった、ペットのためにバリアフリーをしないという意見では、家の中で段差が気にならないと感じている人が多くみられました。もともとバリアフリーに建てられている家や、マンションなどではさらなるバリアフリーの必要もないのでしょう。さらにペットの種類や、大きさでもバリアフリーの必要性が変わってくるようです。ペットときちんと向き合い、何を必要としているかにきちんと気付いてあげるのが大切かもしれません。生活しづらさを感じていることに気づいたときには、バリアフリーを導入し、暮らしやすい環境を作ってあげてみてはいかがでしょう。

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59 【結婚】既婚
■調査期間:2017年09月08日~2017年09月22日
■有効回答数:100サンプル

【ペットを飼っている方へ】段差・隙間の解消など「ペットのためのバリアフリー」したことありますか?

【したことがある】

・ドアの隙間から前足を出し入れして子猫の時じゃれていたので、ドアが締まるとちぎれてしまうのでドアの隙間に発砲スチロールを長く切ってテープで留めました。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・老犬なので階段を作ってあげたり、滑らないようにマットをひいてあげています(20代/女性/無職)

・猫を飼っています。猫を飼ったことがある方ならお分かりだと思いますが、猫は隙間が大好きです。昨年大きな地震に見舞われた際に、狭いところに入り込まれてしまい、避難する時に大変苦労して引きずり出しました。そのためできるだけ隙間を埋めています。(50代/女性/正社員)

・猫が扉に手を入れて開けてしまうので扉が爪のあとでひどくなりました。扉の戸車を重くしました。(40代/女性/パート・アルバイト)

・猫を飼ってましたが年をとってジャンプ力が落ちてきたので、踏み台を作って段差を解消しました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・フェレットを飼っているので、隙間に入り込まないように工夫している。(30代/男性/個人事業主)

・飼っている猫が、幼い頃から白内障で、明暗がわかる程度の視力になってしまった時期がありました。
そのため、衝突、転倒、落下などの事故防止のために、段差の解消をやったことがあります。
成長と共に、片目だけは見えるようになり、今はバリアフリーを気にしなくなりました。(30代/男性/正社員)

・家具の隙間にハムスターが入ったり、コードをかじったりしないよう隙間をふさいだ。(40代/男性/正社員)

・ハムスターを飼っていて、いろいろな隙間に潜り込もうとするので、けがをしたり変なものをかじったりしないように、家具の隙間に入れないようにした。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・隙間があるとコケてしまったりして危険なのでなだらかにしました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・私たちが気づかないような小さな段差でも爪がひっかかったりして怪我をするリスクが高いと感じた為。(20代/女性/個人事業主)

・ペットの動線に合わせて家具の配置を考えています。怪我を防ぐことや健康に害のない事がイチバン考えている所です。猫なので段差はむしろ適切にあった方が良いのです。隙間も好きですが、入られて困る所には入れないようにしています。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・歳をとってソファに飛び乗ることができなくなったので、階段を使って登りやすくした。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・階段が上がれなくなってしまったので、板などを利用し坂を作って昇る負担を軽減することをしました。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・猫が加齢で、つまずくとよろけてしまうようになり危険なので段差を解消しました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ペットは家族同様なため、ペットが困っていることがあれば改善したい(30代/男性/正社員)

・犬が高齢になってきたこともあり、ベッドの高さを低いものに買い換えた。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・ダックスを飼っていて、まずベッドをやめて布団にしました。キッチンへ続くドアにはゲートを付けました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・猫の行動範囲であるリビングと隣の部屋の間に猫用に、移動用の小さいドアを付けました。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・ペットのためにも、また、同居している義母の今後のことを考えてバリアフリーにしています。(40代/男性/個人事業主)

・段差がないフラットな状態を常に心がけています。フローリングの上を滑らず走れるようにマットを敷いたり工夫しています。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・フローリングなので滑らないようにマットを敷いていて、これこら滑らないワックスを塗る予定。あと、ソファーに登るときに関節を痛めないように収納つきの階段を置いている。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・フローリングのコーティングは出来なかったが、ソファーに昇る部分に小さな階段を設置した。(50代/女性/パート・アルバイト)

・犬が散歩から帰ってくるときに踏み台が昇り辛そうだったのでスロープにしました。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・滑ってこけたり、落ちたりしたら骨折する可能性があるので、段差をなくしました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

【したことはないが検討している】

・年を取ると人間と同じでペットにとっても問題があると思うので、暮らしやすさで検討しています。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・家というのは、あくまで人が暮らすためにあるものだし、あまりペットを甘やかすのは良くないから。(20代/男性/正社員)

・猫を飼っているのでキャットタワーや小さな小窓を検討したことがあります。(40代/女性/個人事業主)

・もう少し年齢が上がってきたら、バリアフリーも検討しているが、まだその段階ではない。(30代/男性/個人事業主)

・検討は前向きにしています。後は予算との関係で結論を出すつもりです。(40代/男性/正社員)

・今、いろいろと考え中で検討していますね。いろんな意味で大事だと思いますね。(40代/男性/個人事業主)

・段差につまずいてしまうことがあるので、板を置くなり、対策を考えているから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・これまでやったことはないが、ペットの犬が年をとってきて、歩きづらそうなので、検討しはじめた。(40代/女性/正社員)

・フェレットを飼っていますが身軽で大きな段差でも全く問題ないので、今は何も考えていません。今後フェレットが歳を取って段差がつらくなってきたらその時に対策を検討します。(30代/女性/正社員)

・犬を飼っている。仔犬の時は股関節に悪いからと階段は抱っこして移動していた。今は普通に過ごしているが、年を取ったときにまた段差や階段が問題になるのではないかと考えている。(40代/女性/パート・アルバイト)

・猫を飼っているがまだ年齢も若いのでとくに必要と感じないのでしたことはない。(30代/男性/個人事業主)

・ベランダに出て、トイレさせているが、高齢になってきたので、段差がつらそうなときがあるから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・うちで飼っているのはミニチュアダックスフントです。
ミニチュアダックスフントは足が短いので、段差を無理に越えようとしたら
腰を痛めるからです。(50代/男性/正社員)

・愛犬にも年をとっても不自由なく生活して欲しいという気持ちが強いから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・今はまだバリアフリーにしないといけないような年齢ではないが今後必要があれば考えて行こうと思う。(30代/女性/正社員)

・シニアになってきたので、階段と玄関にスロープをつけることを検討している。(40代/女性/正社員)

・年を取るとやっぱり高いとこなどに行くのが、つらそうに見えるから。(50代/男性/正社員)

・年齢を重ねたときに、移動時に障害になるかもしれないからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ビーグル犬を飼っていますが、年を取ってきたので、そろそろ購入を検討しており、商品詳細を調べています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・現在二匹の猫を飼っています。
3歳と5歳でまだ高齢の部類には入らないのでバリアフリーはやっていません。
人間でいうそれなりの歳に値する頃には考えたいと思っています。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・ペットのためのバリアフリーはした方が良いと、多くの人々が勧めるので。(40代/男性/正社員)

【したことはなく、今後もする予定はない】

・元々バリアフリーの家で段差などがほぼないので、特に考えてはいません。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ペットは動物なので、自然の中で生活するのが望ましい
家の中であっても、ペットに特別対応するべきではない(40代/男性/正社員)

・猫を2匹飼っています。現在は、5歳ほどでまだ困っていないのでこのままで行くと思います。(50代/男性/正社員)

・猫を飼っていますが、自分のお気に入りの場所があちこちにあり、家の中をいじると嫌がるので、今のところはこのままでいいと考えています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・家を新築したばかりで、バリアフリーが必要な個所はありません。(40代/女性/パート・アルバイト)

・飼っているのが猫なので段差など気にしないため今後も予定はない(30代/女性/パート・アルバイト)

・ハムスターとカメで、たまに抱っこして遊んだり掃除の時に出す程度で普段は放し飼いをしていないから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・ペットは外で柵をして買っているので特に必要ないと思っている。(30代/女性/パート・アルバイト)

・すみません。ペットは飼ったことはありません。実家では犬を飼っていますが、バリアフリーはしたことがありません。(50代/男性/正社員)

・今まで数匹犬を飼ってきましたが、老犬になってもバリアフリーはしませんでした。ペットが移動できる範囲でトイレなどを設置していました。(20代/女性/パート・アルバイト)

・基本外で飼っているので、バリアフリーを考えなくてもどうにかなると考えているから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・段差や隙間があってもなんの問題もないし、お金もかかるのでしたいとは思いません。(40代/女性/パート・アルバイト)

・わたしはペットのためにバリアフリー化を検討した事はありません(20代/男性/正社員)

・ペットは犬を飼っているのですが、外で飼うものだと考えているのでそういったことはしません(30代/女性/専業主婦(主夫))

・マンションに住んでいるため、段差がない生活をしているからです。(20代/女性/パート・アルバイト)

・我が家で飼っているのはコザクラインコなので段差・隙間などで困ることはない。ただし、天候のいいときなど、窓ガラスへの衝突を避ける為にカーテンを掛けたりはする。(50代/男性/正社員)

・ペットのためになにかをしようと思ったことはありませんでした。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・飼っているペットも高齢になっていたので、考えてはいるが、なかなかその為だけにすることができないです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・我が家はそれほど広くなく、バリアフリー対策を施すほどの段差もないからです。(40代/男性/正社員)

・そこまで家の中が障害物や段差が多いわけではないので、犬もまだ元気です。(30代/男性/正社員)

・平屋で段差もないので必要性をあまり感じないため、検討はしていません。(30代/女性/正社員)

・今はまだ犬も元気だから考えてないです。あとは犬も困ってないから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・犬を飼っています。段差は気にならないです。今後もバリアフリーにする予定はまったく無いです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・ネコを飼っているので、隙間段差はぜんぜんお構いなしに通るので特にペットのためにバリアフリーにしようとはおもいません。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・猫を飼っているが、まだ若く元気がいいので特別バリアフリー化は心がけていない。(20代/女性/無職)

・まだ元気なので、考えた事はありませんが意識はしたいと思います。(40代/女性/パート・アルバイト)

・ペットの運動神経を、鍛えることができそうな気がするからです。(40代/女性/個人事業主)

・ペットはかわいいがそのためにリフォームすることはないとおもいます。(30代/男性/正社員)

・リビングからキッチンまでバリアフリーなので、犬自体が自由に行き来できる。しかし、フローリングのため、滑る可能性を考えて、マットをひいている(20代/女性/正社員)

・まだ子犬なので、考えていません。年をとったとしても、運動不足になるのではないかと思うので、いらないかと思っています。当時(50代/女性/専業主婦(主夫))

・家の中がそもそもバリアフリーになっているので、特に何もしていません。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・猫なので、段差があった方が楽しめて良い。また、まだ若いのでバリアフリーの必要がない。(20代/女性/正社員)

・リフォームには大金がかかり、ペットのためにしてあげたいができない。(30代/男性/正社員)

・ペットを飼う条件として室内犬としては飼わないためバリアフリーの必要はない。(20代/女性/パート・アルバイト)

・ペットは段差や隙間も上手にクリアしているので、必要性はないと思から。(50代/女性/正社員)

・今のところ、バリアフリーする予定はないが、ペットの老後どうなるか分からない。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・そうなったらゲージに入れておけば大丈夫だからだと考えているからです。(30代/男性/正社員)

・バリアフリーにしてどこでも行けるようになっても、コンセントなどがあり危ないのでしようとは思いません。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・猫を飼っていますが、特にペット用でバリアフリーにすることは考えていません。(40代/男性/正社員)

・うさぎやハムスターなのであまり部屋に放し飼いにすることはないから(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ペットは飼っていますが、ペットのためのバリアフリーなんて知りませんでした。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・段差も隙間も家の中にはほぼないから。階段とかはいつも抱きかかえているので。(30代/男性/個人事業主)

・我が家にはわざわざペットの為にバリアフリーにする余裕は無いので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・バリアフリー対策するような間取りでもないし、その必要がない。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・体を動かすことが健康に繋がるのでは?と思い、特に考えていません。少しぐらい段座があったほうがいいと思う(30代/男性/正社員)

・家の中でペットは買わないし買うつもりもないので、バリアフリーにする予定はない(40代/女性/正社員)

・ペットをかわいがるのは当たり前の責任ですが、人間と同じ扱いにするのはどうかと思います。同じ扱いのような気持ち、ならわかりますが。(40代/女性/正社員)

・どうしてペットのために、ペットの大きさにもよるのでしょうが。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・特に必要性も感じないし、まだまだ若いし、そこまですることはないと思うから(40代/女性/パート・アルバイト)

・将来的にペットをかってみたいですが、今からそのためのリフォームは考えていません。(40代/女性/個人事業主)

・マンション暮らしのため、段差・隙間の解消などのペットのためのバリアフリーをするのは難しい。(40代/男性/正社員)

・段差は特に気にしていません!猫や犬も自然な環境で段差があら登るところがあり
色々な動きができるのでストレスも溜まりづらいと思います!(30代/男性/個人事業主)

・考えたこともありません。人間よりも運動能力が高く、自由に暮らしています。(50代/男性/経営者)

・1階分しかないので、そこまで段差を気にする必要がないと思うから。(20代/女性/専業主婦(主夫))


関連記事

住まいの情報ナビ
  • マイホームの「どっちにする?」を徹底比較【設備編】
  • 洗濯表示・食品表示の見方と活用法
  • 車のある毎日をもっと楽しく「最新カーライフ」
  • 暮らしの水を守るエコアイデア
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top