エコポイントは本当に経済対策の救世主となれる?

2016年1月13日

政府は経済の活性化のために、省エネ住宅の新築やリフォームをすることによりさまざまな商品と交換できるポイントを受け取ることのできるエコポイント制度を始めました。具体的には、窓の断熱改修や、バリアフリー改修などをすることにより、利用できるこの制度によって実際に購買意欲は高まったのかアンケートを取ってみました。

【質問】
住宅エコポイント制度を利用を検討し方に聞きます。行動(購買)意欲は高まりましたか?

【回答数】
はい:55
いいえ:45

エコポイント制度が成功する確率は半分⁉︎

アンケートの結果、僅差で【はい】が多くなりました。

・期間限定だったので、早く購入しなければならないと思ったので。(20代/男性/学生)

・ポイントが色々な商品と交換できるのが魅力的で、リフォームを検討したくなった。(20代/女性/会社員)

・ちょっとだけ高まった。最初はよく分からなかったが、説明をしっかりしてくれたので。(20代/女性/パートアルバイト)

以上の回答理由を見てみると、このエコポイント制度がきっかけでリフォームに踏み切る方が多いように考えられます。
この制度は期間限定ということもあり、多くあるパターンの考えてるうちになんだかんだでリフォームの考えが消えてしまうということも少なくなることでしょう。
未知のものには手を出しにくい感情もあるのでやはり、しっかりと説明を政府がすることも大切ですね。

それでも約半分は購買意欲が湧いていないという現実

アンケートの結果、僅差で【いいえ】が【はい】より少ないという結果になりました。

・あればあったで嬉しいですが、それを理由に購入を決定するほどの威力はないので。(40代/女性/その他専門職)

・確かにポイント制度は普通に買うよりはお得な気がしますが、経済状況的に合致しないので流れます。(20代/女性/専業主婦)

・住宅エコポイントを利用していません。更に内容もよく知りません。(30代/男性/会社員)

このように、
そもそもリフォームを検討していない方の心を動かすほどのインパクトはこの制度にはないようです。
また、お得だとしてもそもそもリフォームをする余裕もないという意見もありました。経済対策のための制度なのに経済状況によって実現されないのは悲しいですね。

エコポイント制度はまだまだ認知度が少ない!

リフォームを検討していくなかでこの制度を知る機会は多くあると思います。知れば知るほどお得度がわかり利用していく方も多くなるのではないでしょうか。なかなかニュースでも報道されないこのエコポイント制度ですが一度、リフォームを予定していない方も調べてみて、リフォームのきっかけになれば幸いです。
また、政府の国民に対する説明が不十分だという意見も納得できるものです。
これから説明がなされていくことで利用者がどんどん増えていくことでしょう。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年12月01日~2015年12月15日
■有効回答数:100サンプル

【はい】

・エコポイント制度などのお得な制度がないと興味はあっても経済的理由で無理だと諦めていたからです。(30代/女性/パートアルバイト)

・手続きはとても面倒でしたが、エコ対策工事ができてポイントでギフト券がもらえてよかったと思っています。(50代/女性/専業主婦)

・エコポイントで還元されるなら、とても嬉しいので意欲は上がりました。(20代/女性/学生)

・購入を具体的に検討しましたが、エコポイントの制度が分かりにくくて断念しました。(40代/男性/無職)

・全く援助金がないよりかは購買意欲は高まります。ただ、全体からしたら微々たるものなのでそれほど大きなものではありません。(30代/男性/会社員)

・ない時より実施されているときにしてみたい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(30代/男性/会社員)

・少しでも費用に当てたり、設備投資が出来そうだったので、利用したいと思いました。(30代/女性/専業主婦)

・住宅エコポイントがあれば、少しは負担が減りそうだなとおもったことがあります。(20代/女性/専業主婦)

・家電のエコポイントも購買意欲が高まったので、住宅エコポイントもその時と同様に高まりました。(30代/女性/会社員)

・やはりもらえないよりはもらえる方が良いに決まっています。ただし、本当に必要なら関係ないかもしれませんが。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・震災時、吹雪で非常に寒く凍えて過ごしました。二重窓にするのは寒さ対策にもなるということで、ぜひ買いたいと思いました。(30代/女性/専業主婦)

・住宅エコポイントがもらえるということで、少し購買意欲が高まりました。(20代/女性/学生)

・住宅エコポイント制度を利用することでわずかだけれども経費節減になったから(50代/女性/専業主婦)

・見積もりを取ると、ポイント利用できる設備は割高感があったので、総コストで検討した。(40代/男性/会社員)

・ポイントを使えるならお得だから買いたいと思ってはいました。結局利用する前に終わってしまいましたが。(20代/女性/専業主婦)

・ついつい、つられてしまいます。お得なポイント制度には、やはり弱い方だと思います。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・意欲は高まりました。住宅購入を計画しはじめてから、利用し始めたので、もともと意欲は高かったです。(30代/男性/会社員)

・ポイントが色々な商品と交換できるのが魅力的で、リフォームを検討したくなった。(20代/女性/会社員)

・やはりこの制度を導入されたに辺り、大きな切っ掛けとなるし話題として切り出しやすいから。共感もされやすいので。(30代/男性/会社員)

・はい。意欲は高まりますが、未使用です。まだ、それをつかうだけの必要性が有りません。(70代/男性/無職)

・たまたま住宅エコポイント実施時に住宅購入を考えていましたが、十分に購買意欲になりました。高い買い物なので、たまるポイントも大きいからです。(40代/男性/会社員)

・ポイントということばに弱い性格なので、すごく重要な点だったので普通に高まりました。(20代/女性/学生)

・無いよりかはあった方がいいと思いますが、そんなにお得な感じはしませんでした。(30代/女性/会社員)

・使えるものだったら、どんどん使いたい。ポイント付与でどれだけ助けられたか。(30代/男性/会社員)

・住宅エコポイントの使い道は広いため、ぜひ、使用してみたいです。(50代/男性/公務員)

・いつかは欲しいと思っていたマイホームがお得に購入できるよい機会だから。(20代/女性/パートアルバイト)

・住宅エコポイント制度で行動(購買)意欲は高まったのでそれを選びました。(30代/男性/会社員)

・やはり少しでも経済的に安くしたいので、利用できるものはしたいと思いますね・・・(40代/女性/パートアルバイト)

・エコ対策をすることで省エネ効果があり、エコポイントの申請でギフト券がたくさんもらえたからです。(50代/女性/専業主婦)

・エコポイントがあるのなら使える今の内に購入を考えたいと思った。(30代/女性/専業主婦)

・交換率が100%の商品券が、近所での購買に利用できることがわかったので。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・政府のエコポイントは家電の時もそうですが、かなりお得な制度なので、意欲は高まりました。(40代/男性/自営業(個人事業主))

・お得な制度だと思うから。ポイントがついたほうが購買意欲は高まる。(20代/男性/パートアルバイト)

・住宅エコポイント制度を利用を検討し方に聞きます。行動(購買)意欲は高まりましたか?というのに関しては、高まりました。(30代/男性/パートアルバイト)

・実家を建て替えるときに、太陽光発電システムを設置しました。環境にも優しく、光熱費の節約になると思ったので利用しました。(30代/女性/専業主婦)

・住宅エコポイント制度が利用できることでお得感が増すため購買意欲は高まる。(20代/男性/自由業・フリーランス)

・思っていたより結構ポイントになる事がわかったので、検討しようと思った。(30代/女性/会社員)

・やっぱりもらえるものがあると購入しようという気になります。得するからです。(30代/女性/専業主婦)

・どうしようか迷っているときだったので、後押ししてくれた感じです。(40代/女性/自営業(個人事業主))

・ポイントがつくのに買うのにも使えるのはやはり差は大きいです。(20代/女性/契約派遣社員)

・やっぱり多少なりとも購買意欲は高まりましたけれど、結局購入には至りませんでした。(50代/男性/契約派遣社員)

・住宅エコポイント制度も行動(購買)意欲が高まったひとつでもあります(30代/男性/会社員)

・どうせ買うならポイントが付いていた方が嬉しいので!もうすぐサービスが終了すると聞いて購入を早めました(20代/女性/パートアルバイト)

・たまたま購買を考えているタイミングと重なったので、意欲は高まりましたがそうでなければそこまで高まらなかったと思います。(30代/女性/専業主婦)

・上手に利用することで節約につながるので、購買意欲は高まりました。(30代/女性/無職)

・必要で買う物、ポイントなどでお得になるのなら、その期間に購入を考える。(50代/女性/パートアルバイト)

・住宅を購入する時に生活しやすくする為に元々エコについて考えていたので(30代/男性/自営業(個人事業主))

・エコポイントと交換できる省エネ商品に魅力的なものが多かったので(20代/男性/会社員)

・ちょっとだけ高まった。最初はよく分からなかったが、説明をしっかりしてくれたので。(20代/女性/パートアルバイト)

・期間限定だったので、早く購入しなければならないと思ったので。(20代/男性/学生)

・大きな買い物となり、少しでもお得なほうがいいと思ったので、高まりました。(30代/男性/会社員)

・期間内に申請できるように頑張りました。期間限定のお得感は大好きです。(30代/女性/パートアルバイト)

・冬に向かって住宅の窓を二重サッシにしようと考えて、かなり前向きに検討していたが、いつの間にかエコポイントが終了してしまっていた。(40代/男性/会社員)

・ポイントがたまるのなら買っても悪くない、そこまで損しないと思えてきたから。(20代/女性/会社員)

・購買意欲は高まりましたね。何かきっかけがあると、いいかもしれませんね。(30代/男性/無職)

【いいえ】

・あればあったで嬉しいですが、それを理由に購入を決定するほどの威力はないので。(40代/女性/その他専門職)

・確かにエコポイントはおいしいとは思いますが、実際には微妙な感じですね(30代/女性/会社員)

・住宅エコ制度の概要がわかりにくいのでもう少しニュース等でわかりやすく説明してもらって理解してから利用したいと感じた。(30代/女性/専業主婦)

・お金がないので、新築は建てられないし、マンション住まいなので、リフォームもあまり縁がないと思うから。(20代/女性/学生)

・復興支援に協力できるのはいいと思いますが、購買意欲が高まったわけではありません。(40代/女性/専業主婦)

・ポイントは価格に予め組み込まれた値引きと考えていたので、冷静な感覚で買い物をしました。(50代/男性/無職)

・いいえ、もう古い家なのですが、お金がなく、老後の方が心配で。(40代/女性/専業主婦)

・内容的におまけ的な存在としか考えられず、購買意欲が高まることがないからです。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・住宅購入という一生で大きな買い物であり、エコポインがあるからではなく本当に欲しい土地を見つけて買うことが重要だと考えているためです。(40代/男性/会社員)

・まだまだ手を出せるような年齢ではなかったためです。私が住宅購入を考える40代・50代になった時にも同じような制度があれば大変ありがたいですね(30代/男性/会社員)

・ないより有った方が良いが、実物の買い物の値段が大きすぎるので購買意欲が高まるほどではない。(30代/女性/専業主婦)

・自分のお財布事情が厳しい状況なのでそこまで気にすることができないので(20代/男性/学生)

・使い勝手がいまひとつわからなかったので、そういったことは考えず必要な時に適当に商品を購入しました。(20代/女性/パートアルバイト)

・上手く政策に乗せられていいるだけのように感じたので、バカバカらしくて興味が無かった。 (20代/女性/公務員)

・エコポイント制度自体は悪くないが、一生に何回もしない買い物であるため、エコポイント制度だけでは意欲の高まりにはつながらない。(30代/男性/会社員)

・住宅エコポイントを利用していません。更に内容もよく知りません。(30代/男性/会社員)

・そもそも住宅エコポイントの意味がよくわからなかった。だからわかない。(10代/男性/学生)

・「たまたまタイミングがあっただけ」でした。エコポイントにとらわれ過ぎて他の検討要素をおろそかにしない方がいいと思います。(40代/男性/会社員)

・住宅エコポイントをあまり使う機会が多くないので、あまり購買意欲は高まりませんでした。(20代/男性/パートアルバイト)

・生活費に余裕がないと、エコポイントを使っても無理だとあきらめた。(40代/女性/無職)

・住宅エコポイント制度を利用しても、購買意欲はとくに高まりませんでした。住宅エコポイントのお得感があまり感じられなかったので。(30代/男性/会社員)

・エコポイントは魅力的だと思うが、もともと買う気がある人以外は関係ないと思う。(20代/女性/専業主婦)

・特に理由はないけれど、なんとなくそれが一番いいかなって思ったから(10代/男性/学生)

・手続きが面倒で素人には判りづらいので、あまり積極的に利用したいと思えなかった。(50代/男性/自営業(個人事業主))

・エコポイントを使えばお得に家がより快適になることはわかりますが、結局は結構な支出になるので。(40代/男性/自由業・フリーランス)

・住宅エコポイント制度には興味あるが、住宅購入のために先立つものがないから。(50代/女性/自由業・フリーランス)

・何かに使えるような量のポイントになるまで結構かかりそうな気がしたから(20代/男性/学生)

・2016年3月末までの着工・着手分と期間に制限があるので意欲が高まらなかった。(30代/男性/会社員)

・意欲は特にかわりませんでした。ですのでこちらの回答を選択しました。(30代/女性/専業主婦)

・かかった価格にたいしては微々たるものに過ぎないので。もう少しお得感が欲しい(30代/女性/専業主婦)

・エコを中心とした建物を建てる場合に、メリットがあると思うが、全体で見ると高い買い物になるので、エコポイントだけでは購買意欲は高まらない。(30代/男性/パートアルバイト)

・確かにポイント制度は普通に買うよりはお得な気がしますが、経済状況的に合致しないので流れます。(20代/女性/専業主婦)

・エコポイントって言っても、けっきょくは税金なんじゃないの・・・?(40代/女性/会社員)

・住宅エコポイント制度はあまり高まりません。デフレなどが影響していることです(30代/男性/無職)

・自分の実施したい内容とエコポイントの内容がずれていたので利用はやめました。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・住宅エコポイント制度を利用したけれども、そんなに頻繁に住宅を購入するわけではないので。(50代/男性/会社員)

・あまり普段からそういったポイント制度に関心がないため、さほど意欲的になりませんでした。(30代/女性/パートアルバイト)

・ポイントがあっても、そんなに値段が変わったことがないので、特になくても同じだと思った。(20代/女性/専業主婦)

・魅力的だとは思ったが、かなり高い買い物なのでつられて買わないようにした。(20代/男性/公務員)

・もともと経済的に、ほとんど余裕がないような状態だったので、エコポイントがあっても、あまり関係はないと思う(40代/男性/パートアルバイト)

・こういう事では、検討対象は影響を受けないです。もっと、耐震構造だとか、物件自体に関する利点を重視します。(30代/女性/会社員)

・住宅エコポイント制度ごときでは、ないよりはましですねレベルだから(30代/男性/会社員)

・一応一通り聞いて検討はしてみたのですが、メリットがはっきりわからなかったのでそのままです。(40代/女性/専業主婦)

・自分は、意欲は湧きませんでした。自分的には、そういう制度よりも具体的に住宅の補助金みないな制度がいいのではないかと思います。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・だって、結局は自分のお金なんじゃないですか、税金だもの・・・・・・(40代/女性/会社員)


関連記事

住まいの情報ナビ
  • マイホーム取得までの流れと進め方のコツ
  • 新築・リフォーム・今の住まいで、安心・快適な“エコ住宅”暮らし
  • 車のある毎日をもっと楽しく「最新カーライフ」
  • ストレスとうまく付き合う方法
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top