東京の“暮らし”が変わる!|東京の〇〇が変わる!|住まいの情報ナビ|E-LIFE不動産情報

2018年5月1日 更新

東京の“暮らし”が変わる!新しい「サービス」「インフラ」「働き方」で暮らしが便利&快適に!

東京の変化は交通ネットワークの整備や都市開発にとどまらず、私たちの生活にも新しい波が押し寄せています。

新名所 交通 街並み 暮らし

サービス 貸し借りで共有する「シェアリングエコノミー」が活発に

「シェアリングエコノミー」とは、空いているモノや空間などを共有(シェア)する仕組みのことで、特定の会員間で車の貸し借りをする「カーシェアリング」や、家族や恋人ではない他人と同じ住居で暮らす「ルームシェア」などがよく知られています。
空いているモノやスキルなどを共有すると、必要な時に必要な分だけ使うことができるのでムダがなくなり、コストが抑えられます。また、皆で長く大切に使おうとする意識が芽生えるため、過剰生産による使い捨てが減るなど、環境面でもメリットがあります。
これからは、必要なモノや空間などがあれば「所有」だけでなく「シェア」も検討してみる暮らしがスタンダードになるかも知れません。

  • シェアの対象になるのは…
モノ/イラスト
モノ
車、自転車、家電、レジャー用品 など
空間/イラスト
空間
空き室、駐車場、会議室
など
スキル/イラスト
スキル
家事、子育て、ペットの世話
など

※上記のモノ、空間、スキルをシェアしたい場合は、SNSやマッチングサイトなどを通して「貸したい」個人や事業者に予約をとり、サービスを利用します。

サービス 「民泊」解禁で注目度アップ!

一般住宅の空き室に旅行客を有料で泊める「民泊」も、シェアリングエコノミーの一つ。
かつては法的にグレーゾーンでしたが、2017年6月の民泊法の成立により、日本でも正式に民泊が解禁される運びとなりました。
民泊は、観光などで日本を訪れる外国人(ゲスト)からすると、ホテルや旅館より割安で、日本の暮らしや文化を体験できると人気。民泊のオーナー(ホスト)側も、さまざまな国のゲストとのコミュニケーションに魅力を感じるケースが多いようです。

民泊マッチングサイトの「エアビーアンドビー」によると、2016年に同サイトから日本の民泊を利用した外国人ゲストは300万人以上で、2015年の130万人を大きく上回る人数となりました。
海外からの訪日客がピークになる2020年オリンピック・パラリンピックでは、国内のホテル不足が問題となっていることもあり、民泊の注目度がますます高まりそうです。

インフラ 無料Wi-Fiスポットの普及が加速

今や私たちの生活に欠かせないインフラとして定着したインターネット。日本でも近年、街なかの駅や店舗などでインターネットに無料で接続できる無線LANサービスのWi-Fiが使える場所も増えてきましたが、欧米やアジアなどの諸外国と比べてWi-Fi利用が少ないなど、Wi-Fiスポットの整備の遅れが指摘されています。
総務省は2015年に「全国的なWi-Fi環境の整備に向けた方策」を発表し、2020年オリンピック・パラリンピックまでに公共施設や観光施設でのWi-Fi利用環境を整備してサービス向上につなげるとしています。

インフラ 世田谷区は区内にWi-Fiを150ヶ所開設

各自治体でもWi-Fi環境整備の動きが高まっています。東京都世田谷区では、区役所や駅周辺などに無料Wi-Fiスポットを順次開設しており、2019年度までに区内に約150ヶ所のWi-Fiスポットを整備する計画となっています。

働き方 五輪で増える?「テレワーク」という働き方

2020年オリンピック・パラリンピックの開幕まであと3年に迫った2017年7月24日。この日にテレビなどで「テレワーク」に関する話題を耳にした人も多かったのではないでしょうか。
テレワークとは、オフィスなどに出勤せず、インターネットなどを利用して自宅やカフェなどで業務を行う働き方のこと。働く時間や場所を選ばない分、育児や介護によるライフスタイルの変化などに対応しやすく、ライフワークバランスを進める「働き方改革」の取り組みの一つとして高い期待が寄せられています。

働き方 7月24日が「テレワーク・デイ」に

2020年オリンピック・パラリンピックの期間中は大勢の観光客が移動するため、交通機関の混雑が予想されます。そこで政府は7月24日を「テレワーク・デイ」と定め、首都圏の企業や団体に始業から10時半までの間のテレワークの実施を呼びかけ、通勤ラッシュを緩和する取り組みを行いました。
テレワークは2012年のロンドン五輪期間中に同市内の約8割の企業で実施された経緯があり、東京でも今後、テレワークをはじめとする働き方改革が進むことが予想されます。

2020年オリンピック・パラリンピックに向けて多くの人が集まり、日々進化を遂げる東京の街。
本特集で紹介したトピックは計画段階の情報もあり、流動的に見通しが変わることも予想されますが、今後も東京において交通や街並みなどの整備が進み、ますます便利でアクティブになることは確かです。
これからも移りゆく東京の変化を楽しみ、暮らしや観光、ビジネスの充実にお役立てください。