仕事後の時間を有効活用するために取り組んでいること4選

2020年2月3日

全国の20代から50代の社会人を対象に、仕事後の空き時間をどのように活用しているのかアンケートを取りました。調査期間は2020年01月17日~2020年01月31日で、100サンプルの回答を集めることに成功。一般的には働き方改革により自由に使える時間が増えましたが、実際は、仕事終わりにどのような時間を過ごしているのでしょうか。今回はアンケート結果で回答が多かった順に4つ紹介するので、空いた時間を上手く使いこなせていない人は、時間の使い方の参考にしてみてください。

【質問】
働き方改革が叫ばれている昨今ですが、仕事後の時間を有効に活用しようと取り組んでいることはありますか?

【回答数】
習い事:3
家事:8
料理:9
ジム・運動:19
身体のケア・スパ:3
副業:30
その他:12
無し:16

副業で小遣い稼ぎやスキルアップ

アンケートの結果、副業と回答した人が30人もいました。回答理由には以下のようなものがありました。

・自分のお小遣い稼ぎのためにも、月3万円程度は副業で稼ぎたいと思っています。(20代/女性/正社員)

・少しでも収入を増やすことにより快適な生活を過ごしていきたいから(40代/男性/個人事業主)

・仕事は定時で終わらせ、帰宅後に副業について調べています。将来的には時間や場所に縛られず働きたいので、そのための準備をしています。今一番興味があるのはYouTubeです。(30代/女性/無職)

・仕事形態が不安定な時代なので副業しながら自分のスキルを上げたいと考えたから。(40代/男性/個人事業主)

主に、副業によって収入を増やすことで、生活に余裕を持たせたり趣味や投資の費用に充てたりする人が多い傾向がありました。また、収入面だけでなく、将来のために別業種の仕事をこなし、スキルアップを図っている人も多かったです。そのため、一概にも副業をしている人はお金目的とは言えないようです。

仕事後に身体を動かしてリフレッシュ

2番目に多かった回答はジム・運動で、19人もいました。回答理由は以下の通りです。

・オフィスで働いているとどうしても運動不足になるので、ジムに通い運動習慣をつけました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・スポーツクラブに通っています。運動することで、気持ちのリフレッシュになりとてもいいです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・仕事をしていると動くことが少ないので、自分で運動したりストレッチをしたりして体調を整えることに取り組んでいます(40代/女性/個人事業主)

身体を動かすことが少ない仕事をしている人ほど、仕事後にジムに通ったりウォーキングをしたりするなど、運動に時間を割いている傾向があります。ダイエット目的で運動を始める人は多いですが、身体を動かして気分転換をすることで、良いリフレッシュになっているのではないでしょうか。

料理時間に余裕を持たせて有意義な時間に

アンケートで料理と回答した人が9人いました。回答理由は以下の通りです。

・家族と囲む夕食の時間を大切にしたいので、平日の夕食もおいしく食べられるように工夫しています。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・料理が好きで自炊を心がけているので仕事のあとに自宅で料理をする時間を取っている。(30代/女性/無職)

・毎日子どものお弁当が必要なので、仕事後には作り置きをして、朝の準備を楽にしています。(30代/女性/個人事業主)

同じ回答でも、回答の理由はさまざまでした。家族との時間を大切にすることを目的にしている人もいれば、料理自体が好きな人や、翌朝の弁当作りの時間に余裕を持たせるために仕事後の時間を有効活用している人もいました。料理は家事のなかでも大変な作業ですが、時間に余裕があると精神的にも余裕が生まれ、料理自体を楽しめるようになるのではないでしょうか。

積極的に家事をするようになった男性が増加

回答者が8人で、料理に続いて家事が4番目に多かったです。回答理由は以下の通りです。

・妻の家事を手伝っていくようにしています。早く帰れる分、何かしてあげたいです(30代/男性/正社員)

・これまでは仕事ばかりの生活で家事に消極的だったが、現在は積極的に実施している。(40代/男性/正社員)

一般的には女性が家事をこなすことが多いですが、妻の負担を減らすために仕事後の空いた時間に家事の手伝いをする男性も増えています。生活の中心が仕事だった男性が、働き方改革により家族のために使える時間が増えたことで、前向きに家事を行えるような環境になっているのでしょう。

仕事後の時間の有効活用で生活が豊かに

働き方改革により仕事後の時間にゆとりが生まれ、その時間を副業に充てている人が最も多かったです。生活レベルを上げたりスキルアップを図ったりすることを目的に多くの人が副業をしていました。また、運動で仕事のリフレッシュをしている人や、家事に充てて仕事とプライベートのバランスを取っている人も多い傾向がありました。いずれにしても、生まれた時間を有効に活用することで、生活が豊かになっている人が多いのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59
■調査期間:2020年01月17日~2020年01月31日
■有効回答数:100サンプル

働き方改革が叫ばれている昨今ですが、仕事後の時間を有効に活用しようと取り組んでいることはありますか?

【習い事】

・まだ取り組んでいませんが、語学学習をしたいと思っています。プライベートや仕事で生かせるようになれば素敵だなと考えています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・新たな趣味を増やしたいと思い、好きな食器を作成できるポーセラーツのレッスンを受けるようになりました。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・趣味の通して、新たな人との出会いがあるため。また、新たな世界が広がるため。(40代/女性/正社員)

【家事】

・休みが少ないと、休みの日は他の銀行や郵便局など夜営業してないところへ行くので
掃除などの家事がままならなくなってしまいます、
なので、早く帰れた日は体力にもよりますが、掃除をしたり洗濯物を取り込んだ後ゆっくりたためたりするので良いです。(20代/女性/正社員)

・時間が有効に使えるので、家事をしっかりできるようになりました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・家族が家事をしていますが、できるだけ手伝うようにしています。家族が高齢になってきて足腰の不調などになることも多くなり、できるだけ家事を担うようにしていきたいです。(40代/女性/個人事業主)

・主に家事(料理含む)を行います。休日は副業にそなえて、ネットサービスをりようしたプログラミングの自宅学習をしています。(20代/女性/正社員)

・これまでは仕事ばかりの生活で家事に消極的だったが、現在は積極的に実施している。(40代/男性/正社員)

・帰宅後から夕飯の支度を始めるまでの間に洗濯と風呂掃除を済ませるようにしています。夕飯後に回してしまうと家事に追われて余裕がなくなり、イライラしたり、夫との会話をおざなりにしたりしてしまうため、改善したいと思ったからです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・妻の家事を手伝っていくようにしています。早く帰れる分、何かしてあげたいです(30代/男性/正社員)

・夕食づくり、洗濯、掃除に時間を費やすことができるようになった。(20代/女性/正社員)

【料理】

・新しく料理本を買い、料理のレパートリーが増えるように練習しています(30代/女性/正社員)

・料理が好きで自炊を心がけているので仕事のあとに自宅で料理をする時間を取っている。(30代/女性/無職)

・料理をすると気持ちがリセットされるので時間さえあれば取り組んでいる。最近は作り置き料理にハマっている。朝食や弁当、週末楽できるよう工夫している。(30代/女性/派遣社員)

・わざわざ選んだというよりは、やらない理由がない。外食に行くよりも自分で作った方が手軽で経済的だし、家にあるものをどう活かすか考えるのも楽しい。好きな音楽もかけ放題&踊り放題で、出来上がりの時点でスッキリ。出来上がったら出来上がったで、自分の好きな物が好きなだけ食べ放題だし、明日のお弁当も出来ちゃう。(30代/女性/正社員)

・決めないと何もしないので、何か趣味と実益を兼ねられることはないか考え、去年は「今年は市販のパンは買わない!」と決め、手ごねでパンを焼き続けました。最初のうちは失敗続きでしたが、慣れるとだんだん楽しくなってきたので、今年も続けることにしています。(50代/女性/個人事業主)

・働き方改革で残業代が減ってしまったので、外食を減らし自炊を増やして節約に努めています。(50代/男性/正社員)

・色々な料理を作れるようになれば、自炊が楽しくなり、結果節約にもつながるので。(20代/男性/個人事業主)

・家族と囲む夕食の時間を大切にしたいので、平日の夕食もおいしく食べられるように工夫しています。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・毎日子どものお弁当が必要なので、仕事後には作り置きをして、朝の準備を楽にしています。(30代/女性/個人事業主)

【ジム・運動】

・運動不足になりがちなので、室内でもできる筋肉トレーニングなどを行い、健康を維持できるようにしています。(20代/女性/学生)

・オフィスで働いているとどうしても運動不足になるので、ジムに通い運動習慣をつけました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・スポーツクラブに通っています。運動することで、気持ちのリフレッシュになりとてもいいです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・健康と体力維持のために、1年前からランニングをはじめました。(40代/男性/個人事業主)

・年齢がかさんでも健康でいられるように運動するようにしている。ジョギングなど。(30代/男性/派遣社員)

・体を鍛えることで、精神的にも健全になれるので有効的に時間を使いたいです。(30代/女性/個人事業主)

・近所に新しくスポーツジムができたのと、体型や健康が気になったので取り組もうと思った。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・そこまで時間ができたわけではないが、仕事が早く終わった場合は家で筋トレをするようにしている。(40代/男性/個人事業主)

・将来歩けなくなるようなことは避けたいので、運動を積極的に行っています。ジムではないですが自宅でできる運動や、マシンを買って鍛えるようになりました。(40代/女性/正社員)

・仕事に行っているだけでは運動不足になってしまうと思うので、ウォーキングを行うようにしています。(30代/女性/正社員)

・今まで運動不足だったのでジムに通ったら体調がよくなり、気持ちもリフッレッシュされた。今後も続けて行きたいと思います。(40代/男性/専業主婦(主夫))

・健康であることが一番節約になるし人生を楽しめる。健康診断も気になる年齢になってきたため、運動の習慣を取り入れて健康に生きたい。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・運動不足と体重増加に伴い体が重くなってきたのでウォーキングをするようになりました。ウォーキングをすることで気分転換にもなるしポジティブになってやる気も出て心身ともに健康になった気もするので私には有効な活用方法かなと思います。(30代/女性/正社員)

・年齢が進むにつれ体力の衰えが激しくなってきたので仕事帰りにジムに行っています(30代/男性/正社員)

・せっかく残業がなく自由な時間が増えたので、副業やボランティアなど今後役に立ちそうなことをしてみたい。(40代/女性/正社員)

・仕事おわりにボルダリングに行っています。あとは家事をしたりしています。(20代/女性/正社員)

・ゴルフの劇的なスコアアップを目指して、毎日練習場へ通っています。(40代/男性/正社員)

・学生時代に比べて明らかに体力が低下してきたことと、
肥満体系になってきたので(40代/男性/正社員)

・仕事をしていると動くことが少ないので、自分で運動したりストレッチをしたりして体調を整えることに取り組んでいます(40代/女性/個人事業主)

【身体のケア・スパ】

・習い事もよいと思いましたが身体のケアは心身ともにリフレッシュになる。(40代/女性/無職)

・仕事で疲れた後に整体や美容院、スパに行くと心も体もほぐれるし、仕事を頑張ったご褒美になるから。特に肩こりがひどい時とかは、仕事後に整体に行くことが決まっていると、それまで仕事を頑張れるし、次の日すっきりと出社できるから。(20代/女性/パート・アルバイト)

・最近、老化が原因だと思われる体調不良や、体の痛みを覚えることが多いので、その対策として、ストレッチや運動などの時間を作るようにしています。(50代/男性/パート・アルバイト)

【副業】

・通勤時間が勿体ないので、在宅でできる副業を身に着けていずれは本業にしたいと考えているため。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・勤めている会社が副業を認めているため、少しでも自由な時間ができるなら挑戦してみようと考えた。(30代/男性/正社員)

・いつ仕事がなくなるかわからないので、別の収入が得られるようにしておいたほうが良いと思ったからです。(40代/女性/パート・アルバイト)

・本業の収入だけだと、生活がギリギリなのでスッ腰でも余裕がる生活ができるように。(20代/女性/正社員)

・老後の資金が心配なので副業を積極的におこなうようになった。更に稼げるよう勉強も始めた(30代/男性/個人事業主)

・子どもと遊ぶ時間を確保しつつ、ライティングの副業に取り組んでいる。(40代/男性/正社員)

・少しでも収入を増やすことにより快適な生活を過ごしていきたいから(40代/男性/個人事業主)

・人材派遣会社に登録をして空き時間に仕事をしようと考えている。子育て中ということもあり、空き時間がまちまちなため派遣会社に登録をした。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・経済的に自立するために、スキルを伸ばして自分の市場価値を高めるため。(20代/男性/無職)

・残業が減ることに伴う実質的な賃金削減と定年退職後の雇用延長でさらなる給与削減というという現実を踏まえて考えました。余った時間をどう過ごすのが一番良いか考えたとき、何らかの収入が得られて、かつ自らも向上できるようなことが良いと考えました。その結果として副業、中でもライティングに取り組もうと考えました。(50代/男性/正社員)

・サグーワークスをはじめ、クラウドワークスやランサーズに登録をして、仕事を受注(20代/男性/正社員)

・在宅で可能な仕事を見つけて勤務する。移動もないので、ストレスが少ないから。(20代/女性/個人事業主)

・ 本業だけでは未来の自分に不安があり、元気に働ける今のうちに未来像をつくっておきたい気持ちが大きかったため(40代/女性/正社員)

・仕事は定時で終わらせ、帰宅後に副業について調べています。将来的には時間や場所に縛られず働きたいので、そのための準備をしています。今一番興味があるのはYouTubeです。(30代/女性/無職)

・少しでも、収入を得てその収入を投資信託などに当て最近興味のあることに使いたいと思います。(50代/女性/正社員)

・仕事形態が不安定な時代なので副業しながら自分のスキルを上げたいと考えたから。(40代/男性/個人事業主)

・時間・場所にとらわれない働き方でブログ集客、物品販売をメインに活動しています。何歳になっても自分のペースで自分のスキルを高めていきたいからです(40代/女性/パート・アルバイト)

・写真の撮影や画像加工が好きなので撮ったものをせっかくなので素材サイトで販売して微々たるものですがお小遣いにしています。(40代/女性/個人事業主)

・ポイントサイトでポイントを貯めたり、せどりで仕入れられそうなものを探したりしています。残業ができなくて収入が減っているためです。(20代/女性/正社員)

・少しでも単価の高い副業を探しているところであります。見つけたいです。(40代/男性/正社員)

・シール貼りの内職をしています。自分の好きな時間にできるからです。(40代/男性/正社員)

・働き方改革がどの業種にも着実に浸透していくとなると、残業時間が減り、その分自分の時間が増えるのでその時間を好きな事ややってみたい事に費やせる事になります。残業時間が減るのでその分給与は減ると思います。それでも、空いた隙間時間に自分のペースで出来る、副業を有効活用していきたいからです。(20代/男性/個人事業主)

・自宅で出来る副業にむけて、パソコンスキルの勉強や情報収集にあたっています。(30代/女性/個人事業主)

・副業は自分の都合で稼げるポイントサイトを利用しています。シフト制で働く副業までは考えていません。(40代/男性/派遣社員)

・副業ライターとして働いている。一人でコツコツ作業するのが性格に合っており、細かい性格上文章の小さなミスにも気付きやすく、執筆に向いていると思ったから。(20代/男性/派遣社員)

・副業として在宅ワークをしています。これからも時間を増やしたいです。(50代/女性/個人事業主)

・自分のお小遣い稼ぎのためにも、月3万円程度は副業で稼ぎたいと思っています。(20代/女性/正社員)

・自分は今学生なので、生活費の足しになればいいなと思い、最近はFXやこちらのサグーワークスなど、スマホ一つでできる簡単な副業に挑戦しています。(20代/男性/学生)

・本業のみでも食べていけるが、老後のことも考えてまずは資産運用できる余剰金を得るため副業を考えた。加えて手に職を付けるための習い事(翻訳)や趣味(ラグビー観戦)などにも、余ったお金を使いたいと考えている。欲を言えば、年に1回は海外旅行に行きたい。(50代/女性/派遣社員)

・勤務時間が減ることで給料が減るのも困るので、副業で少しでも収入を増やしたかった。(30代/女性/パート・アルバイト)

【その他】

・体が資本なので 平日は特に睡眠時間を確保するようにしています。(50代/女性/個人事業主)

・専業主婦で核家族なので、主人の休みの日にカフェに行ったり、子どもが寝た後に映画を見たり、趣味を楽しむ時間があると嬉しい。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・昨年、自己啓発の一環として、独学で宅地建物取引士の資格を取得しました。(40代/男性/正社員)

・創作活動です。小説や絵を描くことがメインですが、何か一つでも自分で創り上げることができると、それが自信にも繋がります。(30代/男性/無職)

・土日を利用してボランティア活動をしています。
ボランティアを選んだ理由は、
・活動を通して、そのボランティアしか得られない経験がある。
・本業では得られない、喜びや発見がある
・ボランティアを通して、本業に活かせるところがある。(コミュニケーション力向上など。)
以上、上記が主な理由です。(20代/男性/正社員)

・就業時間内だけでは習得の出来ない分野や特定分野の深掘りの勉強をする時間に充てる事を目的として学習をしています。1社に就社するのではなく、1人のビジネスパーソンとして労働市場の中で価値ある人間になる為にも必要な事だと考え取り組んでいます。働く時間が制約される中、他者と差を生み出す為に必要だと考えます。(20代/男性/正社員)

・ドラマなどのフィクション系テレビ番組を視聴するのではなく、ためになる番組(歴史など)を積極的に視聴するようにしています。何故かというと、覚えた事が何らかの形で役立つからです。(30代/男性/個人事業主)

・ギター演奏。仕事以外で、自分のスキルを高めるものが欲しいと思っていたので(30代/男性/正社員)

・子供との時間をとることです。子供と話したり一緒に遊ぶことを意識しています。残業が多いとどうしても家族との時間が犠牲となり、子供との時間もとれないのですが、仕事で早く帰ることができた日には子供とゆっくりした時間が過ごせるので助かっています。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ゲームプレイや動画を視聴、または作ったり帰りに買い物や外食など自分の好きなことや趣味に費やしてガス抜き及びリフレッシュする(50代/女性/無職)

・音楽やゲームなど自分の趣味に繋がる事をよくやるようになった。(30代/男性/パート・アルバイト)

・今の自分に自信がないため、自己啓発の本を読んでスキルアップを目指しています。(40代/女性/専業主婦(主夫))

【無し】

・将来的には、ライターやインスタグラマーのようにフリーランスで働ける仕事がしたいので、一眼レフを使った撮影技術をもっと向上させるために、撮影の練習をしたいです。
また、文章力を磨くために、多様なジャンルの本を読む時間を作りたいです。(30代/女性/派遣社員)

・副業をしようと考えています。本業だけでは収入が少ないので、少しでも足しになることをしたいです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・帰宅した頃には既に22時前後と遅く、夕飯と入浴で一日が終わる。
サービス業なので仕方ないとも言えるが、そもそも日本は遅くまで就労しすぎだと感じる。
もし仕事後に何かができる時間を持てたとしたら、
家事、料理、運動に取り組みたい。
妻の手伝いをしたいし、健康にも気を使いたい為。(30代/男性/正社員)

・運動に取り組みたいです。少しお腹周りのお肉が気になるので、余分な脂肪を落としたいです。(20代/男性/個人事業主)

・特にありません。これか頑張っていきます。よろしくお願いします。(20代/男性/パート・アルバイト)

・健康が気になるので、ストレッチなどのちょっとした運動に興味があります。(20代/女性/個人事業主)

・定年後、或いは早期退職後に新しい仕事を始める為の勉強をしたい。趣味を生かした資格を取る事を考えている。図書館司書などを検討している。(50代/男性/無職)

・フリーで働いていることもあり、時間は自由に使えます。そのため働き方改革そのものはあまり自分には関係ありません。(40代/女性/個人事業主)

・取り組んでみたい事 占い
その理:昔から占いに興味があり、本格的に勉強して今後の人生を充実させたい。(50代/男性/公務員)

・編み物に興味あるので編み物に取り組んでみたいです。特にかぎばり編みを取り組みたいです。(30代/女性/無職)

・そもそも今現在、無職なので働き方改革うんぬんの状況ではないです。(40代/女性/無職)

・仕事・育児・家事の時間に追われていて余裕がないため思いつきません。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・副業や家事などを取り組みたいです。運動で散歩も良いと思います。(40代/女性/パート・アルバイト)

・身体のケア・スパをやりたい。現在、出産及び子育てで子供にかかりきりなので休職中だが、復帰した時、疲れている自分自身の為に使う時間が欲しいから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・あまりよくわからないので、」そのように前の問題で答えてみました。」(20代/女性/学生)

・副業に取り組みたい。
本業の残業規制がかるため、収入を増やすためには本業だけでは限界がある。
そのため、空き時間を使用して収入を増やしつつ、自分のスキルを身に着けたい。(20代/男性/正社員)


関連記事

住まいの情報ナビ
  • 知っていると役立つ!間取りの基礎
  • 家族や友人と楽しむ身近な年中行事
  • ストレスとうまく付き合う方法
  • お金の貯まる家計簿の付け方
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top