2拠点生活を楽しむデュアラー!実際に自分もなってみたい!?

2019年7月9日

何かと利便性のある都会とゆったり過ごせる環境の田舎など、2箇所に生活の拠点を持って人生を楽しむ人をデュアラーと呼んでいます。以前は裕福な人やリタイヤした高齢者に多かった生活スタイルですが、実は若い20~30代でもデュアラーとして2拠点生活をする人が増えてきているのです。そこで、もし金銭的に問題がなければ、自分もデュアラーになってみたいと考える人がどのくらいいるのか、アンケートをとって調べてみました。

【質問】
デュアルライフを実践している人達を「デュアラー」と呼ぶそうですが、金銭面の問題がないならデュアラーになってみたいですか?

【回答数】
なってみたい:58
なってみたくない:42

デュアラーは両方の拠点のいいところを味わえて気分転換になる!

アンケートの結果、わずかにデュアラーになってみたいという人の方が上回っていました。

・都心、田舎の両方の暮らしを自分に必要な時にできるのはとても便利だと思います。都心に住んでいる時は仕事に、田舎に住んでいる時は趣味に没頭できてメリハリがつきそうです。自分の暮らしの満足度をあげるにはとても良いことなのでなってみたいです。(20代/女性/パート・アルバイト)

・海の近くや山の近くの自然に触れ合える『不便』なところに住みたいです。都市部の良いところや郊外の良いところを人生の同じ時期に利用できるのは、無駄がないと思います。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・週末に緑が多いところに行くことは、リフレッシュにもなって気分も一新されそう。拠点を2つ持つことは、遠出するにも何かと利便が効きそう。(30代/男性/正社員)

・基本は田舎暮らしが落ち着いていいのですが、東京などなんでもある地域で過ごす時間があると楽しそうです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

デュアラーになりたいという人の場合、都市と田舎のいいところを両方味わえることにメリットを見いだしていることが多いようです。都市での生活と田舎での生活のどちらをメインに据えるかは人によって違うこともあるでしょう。ただ、異なる環境で生活することがオンとオフの切り替えを可能にし、気分転換になることはありそうです。

拠点が2箇所あれば移動に時間がかかるし負担も倍になる!

アンケートではデュアラーになりたくない人の方が少ない結果ですが、それでも4割を超えています。

・二拠点間を移動する時間がもったいないから。光熱費ももったいないから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・郊外へは、旅行で訪れれば満足だと、今のところは思っています。郊外や地方に家を持っているとメンテナンスが大変そうなので、維持や管理の心配がないホテルや旅館を予約して、行きたいときに行き、滞在するのが理想です。(20代/女性/パート・アルバイト)

・ただの旅行なら良いが、金銭に問題がなくても二拠点の掃除、環境の維持には手間がかかり、それをやらなければならない自分の負担の方が大きいから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・住むところは1箇所の方が落ち着いて生活できると思うからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

デュアラーになれば、確かに金銭的には問題なかったとしても、行くのに時間や費用がかかるうえ、掃除などのメンテナンスをする手間は倍になりますよね。結局は拠点を2つ持っていると、さまざまな面で負担が増えるという大変さが懸念になっているようです。また、1箇所のほうが落ち着いて生活できるという意見があったように、そもそも人によっては生活の場を2箇所持つこと自体に興味がないということもあるのでしょう。

オンとオフを使い分けられるデュアラーも現代のライフスタイル

デュアラーになりたくないという人は2つの拠点を持つことで負担が増えて大変だと考えることもあるようです。ただ、今回のアンケートでは、わずかにデュアラーになりたい人のほうが多い結果でした。都会と田舎など異なる環境に拠点を持つことで違った生活を味わうことができ、気分転換やリフレッシュができるという魅力を感じているようです。もちろん、都会の利便性や田舎の自然豊かな環境など、それぞれの場所ならではのメリットもあります。もちろん、考え方は人それぞれですが、オンとオフを使い分けられるデュアラーとしての生活も、現代のライフスタイルとしては楽しめることがいろいろあるのかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59 【結婚】既婚
■調査期間:2019年06月10日~2019年06月24日
■有効回答数:100サンプル
デュアルライフを実践している人達を「デュアラー」と呼ぶそうですが、
金銭面の問題がないならデュアラーになってみたいですか?

【なってみたい】

・東京―北海道での、二拠点生活を送ってみたいです。田舎に住んでいるので、都心での生活にも憧れます。仕事や買い物、子供の教育など、充実度の高い場所で住んでみたいです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・平日は福岡市内で、週末は近くの海・山がある糸島の管理されセキュリティも万全な別荘地に住みたいです。(50代/女性/個人事業主)

・平日と週末で住む場所やライフスタイルを変えられたら、オンとオフの切り替えもできて仕事の効率も、週末の充実度も上がりそうな気がします。
都市部も郊外も、それぞれにメリットデメリットがあるので、その両方を享受できるなら素晴らしいなと思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・特定の場所は特にないが、波の音が聞こえるような、静かな海辺でのんびりしたい(40代/男性/正社員)

・とてもいいと思います。二つの拠点を持つことに対して、魅力を感じます。(50代/女性/個人事業主)

・現在は都市部近郊に住んでいるので、自宅から3時間以内で行ける島に第二の家を持ちたいです。田舎と言うより、人口が少なくてビルが建っていなくて夕焼けを眺められる場所に癒されます。(40代/女性/パート・アルバイト)

・基本は田舎暮らしが落ち着いていいのですが、東京などなんでもある地域で過ごす時間があると楽しそうです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・実家のある地方と、自宅のある都会で二重生活をやってみたいです。理由は、無理に会社へ出勤しなくていいし、それに気分転換にもなって生産性も上がり、時間を上手く活用できそうだから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・もし実現できるのであれば、両親や妻の家族の近くに住んでみたいと思います。
両方遠方なので、気軽に会いにいける環境であればうれしいので。(20代/男性/正社員)

・週末だけ田舎の家でのんびり過ごしたいです。デュアルライフは自分にとって理想の生活だと思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・金銭面の問題がないのであれば色んなことをしたいので二拠点生活をしたいです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・自然に囲まれた環境で暮らすのが夢ですが、通勤や子供の学校の事を考えるとせいぜい定年後になってしまいます。若いうちであれば農業やログハウス製作など挑戦したいことが沢山あります。(40代/男性/正社員)

・単純に楽しそう!平日は仕事で都市部の家で週末は家でのんびりすごくいい!デュアラーになれば週末の楽しみが増えそう♫(20代/女性/専業主婦(主夫))

・今現在、田舎に住んでいるので、東京とのデュアルライフをやってみたい。都会の方がストレス発散の場が多くあると思う。(30代/男性/個人事業主)

・山の近くや緑が豊かなエリア、小さな畑が持てるような場所に住んでみたいと思います。(30代/女性/正社員)

・メリハリのある生活が送れて、楽しく生活することができそうだから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・山形県の庄内平野に住みたいです。
その理由は、有名な映画でも描かれているように自然環境豊かな、広大な平野で人間の本質的な感情を動かすことができると思うからです。(30代/男性/正社員)

・週末に緑が多いところに行くことは、リフレッシュにもなって気分も一新されそう。拠点を2つ持つことは、遠出するにも何かと利便が効きそう。(30代/男性/正社員)

・もう一か所住むところを選べるとすれば、熊本県天草方面です。夫婦ともに釣り好きなので海の傍に家を買い、週末に訪れ釣り三昧、地元の人と触れ合いを持ってみたいと考えます。(50代/女性/派遣社員)

・バリなどの海外で暮らしてみたい。もしくは沖縄。周りと少し離れる生活がしたい。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・具体的にはあまり分かりませんが、関西であれば豊中や宝塚の山側にすんでみたい。
こどもが二人いるので都会では、経験できない生活をしてイライラしたり時間に終われた生活から離れる時間がほしい。また、家族で畑などもしてみたい。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ひとつの事柄や地域に縛られているよりは、自由が良いと思ったため。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・同じ毎日では飽きてしまうので、そういった暮らしができればやってみたい。(50代/女性/パート・アルバイト)

・長野県の佐久辺りに住みながら、必要なときは新幹線で出社する、というはいいなと思う。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・山梨県北杜市に住みたいです。都心から車で1時間半とアクセスが良いうえ、夏は涼しく八ヶ岳や甲斐駒ケ岳など景色も素晴らしい自然に恵まれた場所だからです。(50代/男性/個人事業主)

・長野か岐阜あたりで週末田舎暮らしがしてみたいです。仕事の問題もありますが、子供の教育環境を考えると高校卒業くらいまでは東京に拠点を置いて、子育て終了後は週末の家に移住が理想です。時間があるとき土地探ししています。(50代/女性/個人事業主)

・東京に住みつつ、沖縄や宮古島等の南の島に住んでみたいです。都会生活はとても便利で楽しいですが、たまに綺麗な海でのんびりできたら仕事もがんばれそうです。今はどこにいても仕事ができるので、週に何日か東京を離れることのデメリットもほとんどないように思います。(30代/女性/パート・アルバイト)

・金銭的余裕があれば、沖縄でのんびり週末を過ごしてみたいと思います。(40代/女性/正社員)

・沖縄に住んで海で泳ぎたいです。普段の生活と週末の生活を別にすることにより、人生が楽しくなりそう(30代/男性/正社員)

・特定の場所はないが、仕事メインの時は通勤や日常の買い物などに便利な場所に住み、週末はそこからあまり遠すぎない2時間以内くらいで行けるような郊外に住みたいと思う。仕事メインの時は通勤時間や買い物等に費やす時間を減らしたいから。週末に住む場所もあまり遠く時間がかかる所だと行くだけで疲れそうだから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・長野県。小さな頃よく旅行で訪れていて空気がきれいで雄大な自然の中、仕事から離れてのんびりリフレッシュすることができそう。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・現在、都市部に住んでおり勤務先の会社も同様に都市部です。周囲の環境を見ても緑が少なくストレスを感じます。都市部の場合娯楽施設が多く刺激はありますが、休日は田舎の様な環境で過ごしたいと考える様になりました。趣味レベルで畑仕事をしてみたいです。(40代/男性/正社員)

・わたしは仕事は東京近郊で行い、週末は沖縄で過ごしたいと思います。(30代/男性/正社員)

・都会と田舎、両極端な2か所に家を持ってみたい。仕事をするときには都会、休みのときには田舎で過ごしたい。(40代/女性/正社員)

・今の住まいが静岡県なので、仕事面で問題がないのなら県内でもう少し自然が豊かな所に住みたいです。(40代/女性/パート・アルバイト)

・今現在が地方都市なのですが、やはり都会の憧れがあるので金銭面に問題なければメインを横浜か武蔵小杉のマンションに住んで週末を阿蘇の大自然の中で暮らしたいです。四季折々の楽しみがある阿蘇!ドライブも温泉も堪能できるし美味しい食べ物もたくさんあります。
都会は便利ですしなんといってもエキストラも多い!(40代/女性/派遣社員)

・拠点を現在住んでいる静岡、もう一つの拠点を沖縄にしたいです。
のんびり過ごすのなら海がきれいで自然にあふれた沖縄に住みたいです。台風などの土地柄の問題があるので週末過ごす程度が好ましいと思い、静岡と沖縄でデュアルライフを送りたいです。(20代/男性/正社員)

・都心、田舎の両方の暮らしを自分に必要な時にできるのはとても便利だと思います。都心に住んでいる時は仕事に、田舎に住んでいる時は趣味に没頭できてメリハリがつきそうです。自分の暮らしの満足度をあげるにはとても良いことなのでなってみたいです。(20代/女性/パート・アルバイト)

・外国のリゾート地が思い浮かびます。渡り鳥のように季節に応じて行ったり来たりする生活は豪華で優雅な暮らしを想像します。実際にデュアルライフをしたら、それ相応の大変さや悩みどころは生じるでしょうが、金銭的な心配がないのならそんな生活も非日常的でおもしろそうだと感じます。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・東京と山梨。親の別荘があるので、そこで野菜作ったりしつつ夏場を過ごして、冬場は東京で暮らしたい。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・郊外の大きな庭があるところで、農業したり家畜を飼いたいので。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・海の近くや山の近くの自然に触れ合える『不便』なところに住みたいです。都市部の良いところや郊外の良いところを人生の同じ時期に利用できるのは、無駄がないと思います。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・今のご時世スローライフがとても素敵で人生を楽しく充実に生活・過ごしていると思うからです。
やはり出来るなら都心「東京」に住み住宅は埼玉や千葉にあって仕事の時だけ都心に出てくるのが自分には合っている気がするからです。(20代/女性/無職)

・軽井沢に住んでみたいです。気候が良く住み心地がよさそうだし、都心からも新幹線や特急で1時間30分くらいで行けるようだし、アウトレットなどおしゃれなお店もあるから。(40代/女性/個人事業主)

・都会での生活を長く過ごしてきましたが、収入の多くを生活費に費やしてしまう生活をそろそろ脱出したいと思い始めています。まずは、都心に日帰りでも通う事ができ、自然のある長野県辺りに住んでみたいと思っています。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・休日は人があまりいない場所でのんびり過ごしたいです。できれば寒暖差が少なく、一年を通してのんびり過ごせそうな軽井沢あたりに住みたいです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・都会は暮らす場所というより遊びや仕事を通じて刺激を得る場所だと思うので、まずは青山・表参道に小さなマンションを確保。そして自宅は三浦半島などの海辺の街に構えたいです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・職場と自宅が都内なので、週末や祝祭日の際には自然の多いところ特に釣りが出来る場所でのんびりしたい。移動距離も考慮すると芦ノ湖周辺。(30代/男性/個人事業主)

・のんびりと自分らしく過ごしたいから。きれいな海辺の町に住みたい。(50代/男性/正社員)

・日本の都心と海外の田舎に住んでみたい。日本でしたら横浜や名古屋ぐらい都市で、海外拠点はタイのチェンマイ郊外を望みます。(40代/男性/専業主婦(主夫))

・田舎に住んでいるので、普段あまり刺激がない生活をしています。デュアラーになる場合、週末は少し都会の仙台あたりに拠点を持ち、文化的な暮らしを楽しみたいです。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・現在、欧州に在住しているため、日本と欧州とのデュアルライフを本格化させたいです。日本への一時帰国を単なる休暇としての里帰りではなく、もっと重要な役割を振り当てられればと思っています。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・北海道に住みたい。ウインタースポーツを楽しんだり、海の幸を味わったり、平日とは全く違う生活にしたいため。(20代/女性/派遣社員)

・東京。人混みが苦手なので都会に定住は厳しいですが、金銭面の問題がなければ、美術館や博物館などの施設が豊富でイベントも多い地域に住んでみたいです。あと、今住んでいるのが田舎なので、真逆の地域で暮らした方が二拠点生活を楽しめるかなと思いました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・私は東京に住んでみたいです。住んだことがない土地で、旅行などで行ったときにやはり都会なのでなんでも揃いますし、都心部で住みたいという憧れもあり、しかし、都会にずっといたら疲れるということもありゆったりした田舎にもすみたいなと思うのが理由です。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・北海道に住みたいと考えています。北海道の大自然に日常の疲れを癒してもらいながら生活したいと思います。(30代/女性/個人事業主)

・わたしは、内陸部に住んでいるのて、海の、そばに住んでみたいです。山や川はしょっちゅういっているので、海の幸が、存分たべたいからです。うみは、日本海の国定国立公園のような、きれいな海のそばがいいです。町の喧騒から離れて心洗われるような時間がとれると人生が、豊かになるとおもいます。(50代/女性/パート・アルバイト)

・自宅と海のある地域。普段の生活が、海から離れているので、潮風を浴びたい。(30代/女性/専業主婦(主夫))

【なってみたくない】

・既に郊外(石狩市)に住んでいて、仕事は都市部(札幌市)に通う生活が確立しているから。平日でも自宅勤務が許されている環境でもある。(40代/男性/正社員)

・「デュアラー」になって、いろいろな場所に季節ごとに気候を合わせられるのでいいなと思います。(40代/女性/個人事業主)

・やっぱり週末に移動したりはめんどうだし、都市部にも良さはあるのではないかと思います。(40代/女性/パート・アルバイト)

・基本的にひと所で落ち着いていたい性質。そもそも「休日にだけのんびりした地で…」という発想ではなく、日々をのんびりした環境で過ごせる生活を選ぶ。行ったり来たりは落ち着かない感じ。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・住むところは1ヶ所の方が落ち着いて生活できると思うからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・生活拠点が分かれる事による物質的な無駄と、時間的な無駄が受け入れられないため。(30代/男性/正社員)

・地方で生まれ育ち、大学進学と共に都心で暮らしていましたが、都会暮らしで体調を崩してしまい地方へ戻った経験があるので、地方暮らしだけができればそれで十分です。都心で生活しているわけでもないので、デュアラーになりたいとは思いません。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・現在田舎住まいをしており、また車で1時間ほどに都心がある為、今の生活に大変満足している(40代/女性/専業主婦(主夫))

・二拠点居住にせずに、多少通勤に時間がかかっても自宅から通いたいです。理由は、せっかく建てた一軒家で毎日寝泊まりしたいからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・家具なども2件分用意しなければならないし、行ったり来たりで逆にゆっくりできないような気がするため、やりたいとは思いません。(40代/女性/パート・アルバイト)

・初めは田舎暮らしが新鮮で畑や農園をやったり山を散策したりと楽しいだろうけど、そのうち飽きてしまいそうです。地方に住んでいた時、お店も遊ぶ場所も少なくてつまらなかったです。

毎週都会と地方を行ったり来たりするのも体力的に疲れそうです。若いうちはいいと思いますが、歳を取ったら移動だけでも大変だと思います。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・郊外へは、旅行で訪れば満足だと、今のところは思っています。
郊外や地方に家を持っているとメンテナンスが大変そうなので、維持や管理の心配がないホテルや旅館を予約して、
行きたいときに行き、滞在するのが理想です。(20代/女性/パート・アルバイト)

・生活の全てが二重に必要で、移動などもかなり面倒に感じるから。(40代/男性/個人事業主)

・住まいは一つしかありませんが、現状で満足しているので興味ありません。金銭面に問題ないなら、もっと違うところにお金を使うと思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・郊外にあこがれもないので、ひとつの場所に腰を落ち着けて生活したいと思います。拠点はひとつで十分だと考えます。(40代/女性/正社員)

・2つの家を構えると、移動の手間や時間がもったいないと思います。家や部屋の掃除や手入れも必要になるでしょう。また、近隣に住んでいる人との付き合いも、まったくゼロというわけにはいきません。デュアルライフを実践することで受ける肉体的、精神的ストレスは意外に大きい気がします。(50代/女性/個人事業主)

・昨年まで奈良県のとある村に住んでいました。実際デュアラーの方にも出会いましたが、もの凄いバイタリティーでした。
旅行ではなく住むとなると、付き合いや買い物・通院等色々覚悟が必要です。チャレンジが必要です。平日は都会で仕事、週末は田舎でチャレンジ。
目の前の壁を破し続けたい人でないと、癒しまで届きません。(40代/男性/正社員)

・正直面倒くさいし、趣味がないと続かないのだろうなと思いました。(30代/女性/正社員)

・幼い頃から都会育ちです。観光など遊びで地方に行くのはいいですが、住むなら交通の便のいい都会がいいです。地方の魅力も多いかもしれませんが、私にはどこに行くにも便利な、都会の魅力の方が大きいです。(40代/女性/パート・アルバイト)

・費用が余計にかかりそうで、時間もお金も無駄が生じそうに思うから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・デュアルライフを送るのは多様な住環境・暮らし方を経験できて魅力的にも思えるが、そのための移動の時間が非常にもったいないと感じるので。時間だけでなくお金もかかるしエネルギーも要る。移動も楽しめるのであればアリだと思うが、わたしにはその時間やそのお金を別のことに使いたいと思うので。(40代/女性/個人事業主)

・なってみたいと思いますが、今住んでいるところがそこそこ田舎で都市部にはかなり遠い為想像がつきません。(40代/女性/正社員)

・現在自分自身は都内在住、都内勤務ですが、出身が地方のため実家があります。
実家には電車で1時間程度で帰れるため、自分自身で地方に第二拠点を構えてデュアルライフを実践したいとは特に思いません。(30代/女性/正社員)

・移動が面倒臭いのでデュアラーになりたいとは思わない。居心地の良い拠点が一箇所あれば、それで十分ではないだろうか。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・郊外に住むには自動車が必須となってくるので、現在問題になっている高齢者ドライバーの多発事故の観点から免許の自主返納が望ましい。なので郊外に住むのは自質的に難しいと考えます。(40代/男性/正社員)

・二拠点間を移動する時間がもったいないから。光熱費ももったいないから。(30代/女性/パート・アルバイト)

・今すんでいる家や地域に満足しているから、手入れや管理が大変そう。(30代/女性/正社員)

・通勤時間がかなりかかるので、都市部に住む方が良いと判断しました。(40代/男性/正社員)

・都会よりも田舎でのんびり過ごして暮らすのが好きで、出来れば農作業等もしてみたいと思っていますが、極端な田舎は不便なので、程よい田舎に住みたいです。(40代/男性/個人事業主)

・もともと田舎暮らしなこともあって、都会の生活に順応できそうにないから。なるべくなら田舎のくらしだけで十分!(20代/女性/専業主婦(主夫))

・デュアラーと言っている時点でカッコいいと思っている。その考え方が嫌い。(30代/男性/正社員)

・通勤時間が短縮できるのは魅力ですが、2つの住居を維持するのはメンテナンスや費用面でも大変そうだから。(40代/女性/個人事業主)

・気分や状況に応じて使い分けができる利便性はあると思いますが、アウェイ感を覚え全体的に落ち着かない気がします。それよりも一つの空間を必要に応じてアイディアやコーディネートで雰囲気を変えるほうが、安心感が持て良い生活、良い仕事ができるのではないかと思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・先ずある程度お金に余裕が無いと無理!たえとえあったとしてもそんな不便で面倒な生活はしたくありません。(50代/男性/経営者)

・ただの旅行なら良いが、金銭に問題がなくても二拠点の掃除、環境の維持には手間がかかり、それをやらなければならない自分の負担の方が大きいから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・憧れはあるが2拠点で生活するためには、収入等制約が多すぎるため。(30代/男性/正社員)

・お金がないので、そんなことは、考えない。1つのところでいいです。(40代/男性/無職)

・その生活になるまでの課程がめんどくさそうだし、そんなお金もないので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・自分は器用でないので、拠点が二つあると、モノが二つ必要になり、都市と田舎、どちらかの拠点に忘れ物も多そうなので、無理だと思う。あと、植物を毎日水やりとか育てることができない。(30代/女性/パート・アルバイト)

・行き来するのが正直面倒臭いなと思ったからと、そんな余裕がそもそもない(30代/女性/専業主婦(主夫))

・拠点が二つある事で全てが出費や契約事も二重になる為大変な面も増えると考える(30代/男性/個人事業主)

・移動が大変そうで、落ち着いた生活ができないように感じているからです。(40代/女性/パート・アルバイト)


関連記事

住まいの情報ナビ
  • 衣替えの基本ワザ&快適ワザ
  • 安心・快適な一人暮らしを楽しむために
  • 我が家で趣味を楽しむ!
  • お金の貯まる家計簿の付け方
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top