おうちに観葉植物を迎えたい!人気の置き場所は?

2019年5月9日

インテリアとしても人気が高く、リラックス効果のある観葉植物。種類や大きさもさまざまで、自分好みの観葉植物を見つけたときは、思わずお持ち帰りしたくなるかもしれませんね。しかし、物によっては幅があるので置き場所に悩んでしまうこともあるでしょう。そこで今回は、自宅で観葉植物を育てている人を対象に、置き場所のアンケートを取ってみました。

やっぱりリビングが人気!日当たりを重視する意見も

アンケートの結果、リビングに置く人が最も多いという結果になりました。次いで、日の当たる場所に置いたり、玄関に置いたりする人が多いようです。

・家の玄関に置いています。どんな感情で家に帰ってきても、ドアを開けて緑(植物)を見ると気分が落ち着きます。(30代/男性/正社員)

・リビング。妻とくつろぐことが最も多い場所に視覚からも緑を取り入れることで、リラックス感を高めたかったから(40代/男性/正社員)

・リビングのドアを開けてすぐ見える場所に置いてあります。来客からも一番きれいに見える位置で、直射日光が当たらないため決めました。(30代/女性/パート・アルバイト)

・台所の窓棚、日当たりがよくて水やりが近くて便利にうえ忘れにくい(50代/男性/パート・アルバイト)

・リビングの窓際。一番リビングにいる時間が長いので、世話がしやすい。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・日中は、日差しが適度に入る部屋の窓辺に置いています。日が暮れてきたら、リビングに移動させ、観賞用として飾っています。(20代/女性/個人事業主)

場所にかかわらず共通しているのは「目につく場所に置く」という意見でした。たしかに、憩いの場であるリビングはもちろん、日の当たる窓際や玄関は日常的に視界に入りますよね。その理由としては、植物の癒し効果を得るためという意見が目立ちました。また、インテリアとしても人気の観葉植物なので、やはり見栄えを重視する人も多いようですね。一見丈夫そうに見える観葉植物も、放置すると枯れてしまうおそれがあります。そのため、水やりを忘れないようになど、日々の世話のしやすさから場所を選ぶ人もいるようです。なかには、太陽の動きに合わせて置き場所を変えるという人もいました。気軽に移動できるサイズの観葉植物であれば、状況や気分に合わせて場所を変えることもできますね。

観葉植物を長持ちさせることも大切

観葉植物の置き場所としては、人が集まるリビングや人通りのある玄関などが人気のようです。この結果は、目に入ったときの心地よさや、世話のしやすさが関係しているようですね。なかには、同様の理由でキッチンに置いている人も。また、観葉植物を長持ちさせるために、置き場所として日当たりの良さが重視される傾向がありました。ただし、種類によっては直射日光を浴びて葉が焼けてしまう可能性もあるので、それぞれの特性に合わせた場所選びを心がける必要があるでしょう。

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49 50 – 59 【結婚】既婚
■調査期間:2019年04月12日~2019年04月26日
■有効回答数:100サンプル (観葉植物が自宅にある方)観葉植物はおうちのどこに置いていますか?その場所に決めた理由も教えて下さい。

【回答一覧】

・玄関とリビングが何となく寂しい感じがしたので、友人のアドバイスで設置してみました(30代/女性/正社員)

・家の玄関に置いています。どんな感情で家に帰ってきても、ドアを開けて緑(植物)を見ると気分が落ち着きます。(30代/男性/正社員)

・窓際に置いています。日当たりがよく葉の色もきれいに見えるからです。(40代/女性/正社員)

・窓の地価の壁側においていますが、少しだけ日が当たったほうが、いいような気がするからです。 (40代/女性/無職)

・リビングの窓際に置いています。その場所に決めた理由は日当たりが良いからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングのテレビの横です。理由は、窓際になっていて植物に日光を当てるのによい位置だったからです。(40代/男性/個人事業主)

・窓辺に置いています。スペースがちょうどよかったことと、植物には日光が必要だと思ったからです。(40代/女性/正社員)

・ありきたりですが、ベランダの窓際です。日当たりが良いほうが、植物のためにいいと思うでので。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・玄関に置いてあります。靴箱の目隠しになるようにカーテン代わりにおいてあります。(50代/女性/正社員)

・日中は、日差しが適度に入る部屋の窓辺に置いています。日が暮れてきたら、リビングに移動させ、観賞用として飾っています。(20代/女性/個人事業主)

・テーブルヤシという卓上サイズなのでリビングの机の上に置いています。(40代/男性/個人事業主)

・居間の出入り口付近に置いてあります。部屋の隅に置くより人が出入りするところに置いたほうが生き物なので良い気がする為です。(30代/男性/正社員)

・リビングの角に置いています。みんながいる場所におくと和やかな感じもするし、角に置けば邪魔にならないから。(40代/女性/個人事業主)

・リビングの直射日光が当たらない場所に置いています。窓側の部屋の角です。パキラを置いていますが、直射日光が当たると葉が焼けてしまうので防ぐためにその場所に決めました。部屋の角だと掃除や生活の邪魔にもならないし、置いていて気分も良いです。風水などは特に気にしていません。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングの窓側。日当たりがいいのと、リビングに緑が欲しかったので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングのテラス出入り口。一番みんなの長くいる生活時間のなかなので。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・主に勝手口とダイニングがつながっているのでそこに置いてます。後、グリーンハウスも儲けているので時々そちらに移動させたりしています。(30代/女性/パート・アルバイト)

・部屋の角、棚の上。理由は邪魔にならない所であったり、1番に目のいく角に緑を置くときれいだから。(30代/男性/個人事業主)

・リビングにある大きめの窓のところです。そこなら日差しも当たるし、端なので子どもたちに倒されることも少ないと思ったからです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・庭の一番目立つ所に置いています。決めた理由はフィーリングで決めました。(40代/男性/正社員)

・リビングに置いています。人が一番集まる場所で、目に入った時に癒されるかなと思い決めました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングです。家族が集まり、一番見る機会が多い場所だからです。(40代/男性/正社員)

・窓際です。生きた植物なので、陽当たりが良い方がいいかと思ったからです。水やりもするし、家の奥角ではあまり長持ちしない気がしていました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・キッチンの棚に置いています。置く場所に迷った時に目についたのがキッチンだっただけで特にこだわりはありません。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・卓上サイズの小さめな観葉植物を育てています。水をあげ忘れていてもすぐに思い出せるので、キッチンカウンターに置いてあります。(30代/女性/派遣社員)

・リビングの窓の近くにおいています。その部屋が一番陽当たりがよくて植物にいいのと、その部屋で寛ぎながら眺められるので、癒し効果もあるからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・飼っている魚の水槽の横に置いています。水槽と観葉植物を並べて置く事で、癒しの空間になるようにと考えています。(40代/女性/パート・アルバイト)

・リビングの窓際。一番リビングにいる時間が長いので、世話がしやすい。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・窓近くの棚の上。理由は、適度に日も当たるが直射日光には当たらなくて丁度良いから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングの陽当りのよい窓際付近においています。おかげで元気に育っていますよ。(40代/女性/個人事業主)

・南側にあるリビングの窓際に置いています。日光の当たるところで、寒さをあまり感じないところのほうが、観葉植物の健康にいいのではないかと思いました。(40代/女性/正社員)

・日当たりが良く、みんなに見てもらえるようにリビングに置いています。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・日中に日光を浴びせるためと、水やりの時にベランダに出すようにしているので窓際に置いています。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・ポトスをキッチンに置いています。なぜなら、すぐに水をあげることができるからです。(50代/女性/個人事業主)

・テレビの横に置いてあります。テレビは、部屋の中でも一番目に付く場所であり、お客さんが来ても明るい印象になるかなと思い決めました。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・玄関に観葉植物を置いています。外から帰ってきて観葉植物の緑が目に入るとホッとします。観葉植物は好きなので、部屋の中にも置いたりしたこともありますが、枯らしたり倒して大変なことになったりで、うまくいきませんでした。玄関が一番落ち着きます。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・わが家ではベランダに置いています。そもそも広めのベランダをそのままにしておくのがもったいないから観葉植物を育て始めたからです。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングに出窓があり、そこに置いています。南向きの窓なので太陽光がたっぷり入ってくるからです(40代/女性/専業主婦(主夫))

・玄関に置いている。家族も来客も和むし、子どもが水やりしやすいので(40代/男性/正社員)

・リビングの窓辺に老いたり、トイレの窓辺に置いたりですね。光が程よくあたる場所のほうが良いのかなと思うので。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングの窓側。家族全員が揃う場所なので、食事やテレビを見ている時などに視界の隅に緑があるのは気分が良いのと、植物も昼間は日当たりが良い場所が良いと思うから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・部屋の壁側中央に置いています。最初は、日当たりを考えて窓側に置いていましたが、部屋の中央に置くほうが温度が一定して、観葉植物には良いようです。(50代/女性/個人事業主)

・出窓に置いてあって、その理由は日当たりが良いのと外から見て見た目が自分の家とマッチしているからです。(20代/女性/無職)

・玄関先においています。玄関だと、人目につくし、玄関に緑があると気持ちいいからです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・リビング。妻とくつろぐことが最も多い場所に、視覚からもみどりを取り入れることで、リラックス感を高めたかったから(40代/男性/正社員)

・玄関に置いています。日当たりが良くて、水やりも忘れにくい場所です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・ベランダと出窓に置いています。置きっぱなしではなく天気や季節によって移動させます。(50代/男性/正社員)

・玄関に置いています。部屋に置かない理由は、何となく虫が部屋に入ってきそうなもので。。。かといって玄関だって、虫が室内に入ってきたら同じですが
何となく、靴を履いたまま入れる場所は外扱いです(笑)それに、靴の臭いで淀んだ空気をリフレッシュしてくれそうな。。。
何となく。。何となく。。です。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・植物がたくさんあり、トイレや洗面室のほか、リビングダイニングではカウンターやテレビの横、背の高いものはキッチンとの間にあり、ほどよく境界となっています。置く場所は、その植物が光を好むかどうかや暑さ寒さに強いかなど、それぞれに合った適材地に決めます。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・窓際です。部屋の中でも、できるだけ外の光が自然にあたるようにしてあげたいから。(50代/男性/個人事業主)

・観葉植物はリビングの窓辺に置いています。リビングという家族のくつろぎの場所に緑があるというのは、大きな癒しの効果があると思います。リビングは日当たりもよいため、植物も生き生きと生育しています。子供と一緒に観葉植物の水やりをするのが日課になっており、家族団欒の場に観葉植物は欠かせない存在です。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・日当たりが適度な出窓です。観葉植物の育つ環境としてもいい場所だと思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・バルコニー付近に置いている。理由は朝の洗濯物を取り込む際に観賞できるため(20代/男性/正社員)

・リビングの出窓。日当たりもいいし、外からの目隠しにもなるから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングの窓際においています。植物にはある程度日差しが必要だと思うので窓際です。水やりもリビングだと水道が近くにあるので便利ですし、家族が常日頃目にすることができるので観葉にふさわしいと思います。(40代/女性/パート・アルバイト)

・日当たりのよい窓際に置いています。日光にあてないと、元気にならないように感じて。ただ、いつも上手には維持管理できません。(40代/女性/正社員)

・居間に置いてあるパソコンデスクの横に置いてあります。機械的な物の近くに緑があると、無機質感が無くなり、パソコン作業で疲れた時に観葉植物を見ると癒されるから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・昼から日が当たる窓際に置いています。日光が強いときはカーテンで遮ることができ、適度に風にも当てたいからです。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・キッチンの小窓に置いています。日に当たるのと、キッチンは1日の間によくいるので目につきやすい場所にしました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングルームに置いています。理由はインテリアのアクセントになる感じがしたので。(40代/男性/正社員)

・観葉植物はリビングに置いている。一番日当たりがよく、よく家族と過ごす場所だから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・窓(ベランダ)際の、陽がよく当たる場所に置いています。3年以上育てていると、ずいぶん大きくなり、カウンターやテーブルの上に置くには場所をとりますし、やはり緑は光が当たったほうが綺麗に見えることと、部屋に入ったときに正面にあるほうが癒されるからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・居間のテレビの横。テレビを見る時に、観葉植物も自然に目に入るから。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・玄関や風除室、ベランダに置いています。玄関には緑がほしくて、置いていますが風除室、ベランダはただ置き場所に困っておいています。冬は、お手洗いの出窓にも置いています。(40代/女性/正社員)

・台所のカウンターに置いている。日当たりが良く、いつも見えるところにあるため、水あげもしやすい。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングのソファ横に置いています。小さな子供がいるので、なるべく邪魔にならない所を選びました。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・家のリビングの直射日光の当たらないところに置いています。日光が当たると枯れやすいので。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・日中は日がよく差す窓際、夜間は暖かいダイニングのテーブル上に移動させています。日に当てないと枯れてしまいますが、寒さに弱いので夜間は窓際だと良くないかな?と思いそのようにしています。今のところ枯れることはないのでこのまましばらく続けていこうかと思います。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・日当たりの良い向きの出窓に置いています。カーテンを開ければ太陽の光が入るからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・台所の窓棚、日当たりがよくて水やりが近くて便利にうえ忘れにくい(50代/男性/パート・アルバイト)

・太陽の光をも当てた方がいいと思うので、部屋の窓際に置いています。(50代/男性/経営者)

・リビングの書棚の一角に小さなものを置いています。書棚に置くことで目立つ。手に取りやすい。(40代/男性/正社員)

・リビングの角で、テレビボードの横に置いています。観葉植物は目立つ場所にある方が、おしゃれで高級感のある部屋に見えると思ったからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングの角。家族が一番長く過ごす場所で、目につく場所だから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングにある出窓のスペースにモンステラやサボテン等を置いている(40代/男性/正社員)

・リビングの、ベランダに出る出入り口の近く。日当たりもよく、戸を開けて風を入れて換気もできるので。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・季節によりますが陽の当たるところに置いてます。日差しがないと葉がすぐに枯れますので。(40代/男性/個人事業主)

・基本的には窓際に、日光が必要なものを育てているという理由もありますが、窓から差し込む日差しと相まってインテリアとしての世界観が好きだからです。(30代/男性/経営者)

・いくつか観葉植物があるのですが、その多くは窓際の日の当たる場所に置いています。(30代/女性/正社員)

・父が植物を育てるのが好きなので、父の部屋の日当たりが良い窓際に置いています。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・日当たりがいいので、リビングルームのソファーの横に置いています。(50代/女性/正社員)

・玄関先に靴箱程度しかないので、来訪してきた人間に少しでも違った印象を持ってもらおうと玄関先に置いています。(30代/男性/個人事業主)

・2階の廊下に置いています。1階から続く大きな吹き抜け窓から光が入ることと、1階からも2階からも見える場所だからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・I型対面式キッチンのカウンターに置いています。リビングにいると一番色が映えて邪魔にもならない場所だから。(20代/女性/専業主婦(主夫))

・キッチンのカウンターの隅のスペースに、小さめの観葉植物を置いています。1番目につき、邪魔にならない場所だからです。(30代/女性/個人事業主)

・パキラという観葉植物を、カウンターキッチンの上に置いています。家族みんなから見える場所で、日常的にグリーンが目に映るのがいいかなあと思ったからです。(30代/女性/パート・アルバイト)

・日当たりと室温を考えて、ベランダ横の日当たりの良い場所に置いています。(40代/男性/正社員)

・リビングの窓際です。光が当たった方が良いだろうという考えと、一番スペースに余裕があるためです。(30代/女性/正社員)

・南においてあります。幸福の木の観葉植物でドラセナマッサンギアナという名所です。南においていていますが直射日光は避けてブラインドカーテンで日光を調節して管理しています。母親が花が好きなので色々と話を聞き観葉植物に興味を持ちアドバイスを頂き管理しています。(40代/男性/無職)

・我が家では、リビングの窓際に観葉植物を置いて、心豊かな日々を過ごしています。(40代/女性/正社員)

・リビングのドアを開けてすぐ見える場所に置いてあります。来客からも一番きれいに見える位置で、直射日光が当たらないため決めました。(30代/女性/パート・アルバイト)

・居間の日当たりの良いところ。光合成できて毎日家族みんなの目に留まるから。(50代/男性/個人事業主)

・自宅のリビングの、キッチンとの境にあるカウンターの上に置いています。以前は窓際の棚の上に置いていたのですが、窓から日光が直接あたってしまうので今の場所に変えました。部屋の中で邪魔にならず、かつ家族それぞれが座ったところからよく見えるので、今の置き場所はなかなか気に入っています。(40代/女性/個人事業主)

・結婚する前に自分の部屋に置いていたのですが、結婚してからの新居には脱衣所です(笑)(30代/男性/正社員)

・南側で、直射日光が直接当たらないリビングに置いています。なるべく明るい部屋に置いておきたかったのと、ベランダに近くてお手入れがしやすいからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))

・リビングルームに置いてます。広くて殺風景だったのでリビングに置くことを決めました。(40代/男性/専業主婦(主夫))

・エントランスホール。玄関はその家の顔となるところだから、緑を置くことで印象もよいし、空気の流れもよくなる気がする。日当たりもよく風通しもよい場所だから。(50代/女性/専業主婦(主夫))

・窓際が多いです。ベランダにも置きますが季節により、位置を変えて育てています。(40代/女性/パート・アルバイト)

・寝室のベランダに通じるドア横の棚です。直射日光は避けられるけれども日は長く当たる場所だからです。観葉なので本当はリビングにいきたいのですが、環境条件を優先させています。(40代/女性/正社員)

・キッチンの窓際に置いています。いつも緑が見えると気持ちも明るくなるし、水も忘れずにできるからです。(40代/女性/パート・アルバイト)


関連記事

住まいの情報ナビ
  • 新築・リフォーム・今の住まいで、安心・快適な“エコ住宅”暮らし
  • 我が家で趣味を楽しむ!
  • 生活サポートサービス活用法
  • はじめよう!移住・田舎暮らし
【E-LIFE】売買不動産・住宅の購入・賃貸情報・投資用不動産ならE-LIFE

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top