現地販売会・オープンハウス情報|E-LIFE不動産情報

現地販売会・オープンハウス情報

首都圏各地で現在開催中・今後開催予定の現地販売会やオープンハウスの開催情報をご案内しています。また、実際に参加する際の心構えやチェックポイントなども参考にしてみて下さい。

首都圏の現地販売会・オープンハウス開催情報

東京都内の開催情報
件公開中
  • 都心エリア
  • 城東エリア
  • 城西エリア
  • 城南エリア
  • 城北エリア
  • 市部エリア
神奈川県内の開催情報
件公開中
  • 川崎エリア
  • 横浜エリア
  • 県北エリア
  • 湘南エリア
  • 西湘エリア
千葉県内の開催情報
件公開中
  • 市川・浦安エリア
  • 船橋・習志野エリア
  • 北総エリア
  • 千葉エリア
  • 常磐エリア
  • その他エリア
埼玉県内の開催情報
件公開中
  • さいたま市エリア
  • 東武伊勢崎線エリア
  • 東武東上線エリア
  • 西武沿線エリア
  • 埼玉県北エリア
  • 埼玉県南エリア

現地で実際に案内してもらって物件をチェック!

一戸建て・土地・マンションの購入はとても大きな買い物であり、人生で一番高額な買い物になる方が大半だと思います。しかも一度購入したら長い間そこに住み、生活の中心になるので「少しでもしっかりとしていて良いものを」と考えるのは当然のことです。

しかし、チラシやインターネットではわからない、実際の使い勝手・建物のつくりをチェックするためには、実際に多くの物件を見てみるしかありません。

E-LIFEでは、現在開催中・今後開催予定の現地販売会やオープンハウスの情報を多数掲載しています!実際の建物や周辺環境をチェック出来る貴重な機会ですので、お気軽にご参加下さい。

物件をチェック

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

現地販売会、オープンハウスは予約なしで開催時間中の好きな時間に行ける会場がほとんどですが、あらかじめ資料請求をしておけば、物件の詳細情報を事前に知る事ができるので、現地でチェックしたい所を具体的に考えておく事が出来ます。

予約ができる会場では、予約者優先で案内をして貰える場合もあるなど、事前に資料請求をして損はありません。さらに、現地販売会・オープンハウスを開催していない物件でも、相談をすれば案内をしてもらえる事が多いので、気になる物件がある方は迷わず資料請求をし、その際に「実際の物件を見てみたい」と相談をしてみましょう。

お気軽にお問い合わせ

現地販売会って何?オープンハウスとモデルハウスはどう違うの?

ウェブサイトや折込チラシを見ると、「現地販売会」や「オープンハウス(ルーム)」・「モデルハウス」と言ったタイトルでイベント情報が掲載されています。どれも同じように見えますが、実際にはどう違うのでしょうか?

現地販売会
実際に販売する物件の所在地で販売を行い、主に新築一戸建て・売地の時に開催されます。
「販売会」といっても、「見学会」や「相談会」としても開催している場合が多いので、気軽に参加する事ができます。
また販売物件についてだけで無く、資金などの相談にも対応してくれる事が多いです。
オープンハウス(オープンルーム)
主に新築一戸建て・中古住宅、中古マンションで行われます。
新築一戸建て・中古住宅の場合には「オープンハウス」、中古マンションの場合は「オープンルーム」と呼ばれます。中古物件の場合には、居住中の売主に一時的に家を留守にしてもらい売主の替わりに不動産業者が説明・販売を行います。※転居済で空き家(部屋)の場合もあります。
実際の建物を見る事が出来るので、居住後のイメージをしやすいのが特徴です。
モデルハウス
モデルハウスは住宅メーカーが建てる「実物大の住宅見本」です。
分譲地の中に建築するタイプや、複数のメーカーのモデルハウスが集まっている「住宅展示場」内に建築するタイプがあります。
その住宅メーカーがどのような建物を造るのかを説明するために最新の設備・工法が使われており、そのメーカーが作る最高ランクの住宅であることが多くなっています。また、モデルハウスの多くが居住後のイメージをしやすくするため家具・家電を設置しています。

他にも分譲予定地の説明を行う「現地説明会」、完成したら見ることが出来なくなってしまう建物の構造を見ることができる「構造見学会」、主に注文住宅において、完成した物件を引き渡しまでのわずかの間だけ公開する「完成見学会」などがあります。

現地販売会・オープンハウスに参加する3つのメリット

メリット1.実物をチェックできる。
図面・写真ではわからない細かい所もチェックする事が出来ます。実際の使い勝手やつくりなどを確認できるのはもちろん、最寄り駅からの道のり(交通量、街灯の有無、歩道の有無など)や、近隣のお店・公園など住環境もチェックも忘れずに!
メリット2.自分の都合に合わせて、自由に参加できる。
予約不要で開催時間中出入り自由な場合や、土日開催・数日~数ヶ月の長期開催している場合もある為、都合の良いときに行って自分のペースで見学する事ができます。土日・祝祭日にはプレゼントを用意していたり、子供向けのイベントを行っている所もあります。
メリット3.不動産のプロにその場で質問できる。
物件を見てその場でスタッフに色々な話ができるのも大きなポイントです。実際に現地を見てご不明に思った事や、その物件のメリット・デメリットなど、どんな些細なことでも不動産のプロに相談しましょう。

見学時の必須アイテム

現地販売会・オープンハウスに行く際に、準備しておきたいアイテムをご紹介します。

筆記用具
気になる所や担当者に聞いた情報などはメモを取っておきましょう。後々他の物件と比べたりする時にもメモがあると便利です。
地図
駅や学校、スーパーなどの位置や距離を確認しましょう。時間に余裕があれば、実際に近所や最寄りの駅までの道を歩いてみる事をおすすめします。
地図を見ただけでは分からない事も沢山あります。
カメラ
気になる所はメモと合わせて写真にも残しておくと良いでしょう。
建物内や外観以外にもご近所の写真も撮っておきたい所です。カメラ付き携帯電話なら荷物が増えなくて便利かもしれません。
※撮影をする際にはスタッフに一声かけてから行いましょう。
メジャー
部屋の広さやキッチンの大きさなど、引越し後に配置する家具や家電のサイズを測っておいてシミュレーションすると良いでしょう。
※使用する際には、スタッフに一声かけてから行いましょう。

どれも後々物件を比べるときにとても役に立ちます。ただし、写真の撮影はプライバシーの問題もありますので、スタッフに確認してから撮影しましょう。また、メジャーなどを使用する際も、床や家具などに傷が付いてしまうかもしれません。トラブルを防ぐと言う意味でも、スタッフへの確認をすることをオススメします。

この他にも、大きめのカバンや袋を持って行くと、現地でパンフレットなどを頂いて荷物が増えても困ることはありませんし、方位磁石があれば、部屋や窓の方位をチェックする事ができます。


マイサーチ
前回の履歴で探す
検討中の物件
保存した条件で探す

メルマガ会員登録「新着物件!」

E-Life

ページトップへ戻る