市川市の治安に関する口コミ情報|新築一戸建て・中古住宅・土地・マンションを市川市で探す

治安に関する口コミ情報

  1. 学校に
    関する情報
  2. ショッピングに
    関する情報
  3. 公共施設に
    関する情報
  4. 遊びに
    関する情報
  5. イベントに
    関する情報

出典:「市川市の治安に関する口コミ情報」 / イーライフ調べ(調査期間:2016年2月)

  • 千葉県市川市の治安について!! 東京に比較的にアクセスが良く住みやすい地域という事もあり、自転車の数が多く放置自転車に悩まされているのかと思いがちですが放置自転車はあまり見受けられません。防犯に関しても、通学路には父兄の方々が立たれていて、徹底して防犯対策が行なわれています。

  • 千葉県市川市の放置自転車は少ない! 駅前の放置自転車や無断駐輪は少ないです。平日は市内のほとんどの駅で、無断駐輪を監視をしてくれる係員さんが立っているのをみかけます。また朝に「おはよう」と声を掛けてくれたり、手の空いた時間に近隣のお店やスーパーの自転車整理もしてくれています。

  • 今と昔の放置自転車による町の印象 何年か前は放置自転車が問題になり、テレビでも頻繁に取り上げられたせいもあり、町全体がゴミゴミした印象がありました。 でも今では市の職員等が厳しく取り締まっているようで、放置自転車自体はかなり数が少なりました。そのせいか、町自体が綺麗になったように思います。

  • 千葉県市川市の防犯対策を紹介します 蛍光オレンジ色の帽子を被った「いちかわボランティアパトロール」があります。この活動は、日常のジョギングや犬の散歩などのちょっとした外出の際にパトロールを行うものです。地域での犯罪の抑止力にもなりますし、地域の方とコミュニケーションもとれます。

  • 千葉県市川市で行っている防犯対策 青色防犯パトロールという活動があります。青色回転灯が付いた専門車両が14時から24時まで市内のパトロールを行っています。子どもが帰る時間から、深夜までパトロールしてくれているので、非常に安心感が生まれます。

  • 市川市が取り組む安全な町づくり 青色回転灯を装着した白黒塗装の防犯パトロール車両を活用し市内巡回をしています。また、約1500名の人が登録しているボランティアパトロールはジョギング、ウォーキング、犬の散歩の際に貸与されたオレンジ色の帽子を被ることで犯罪の抑止を図り安全な町づくりをしています。

  • 千葉県市川市で行う防犯対策を紹介します。 コンビニ防犯ボックスという活動があります。コンビニエンスストアに警察官のOBの方が配置されており、午後2時から午後10時までの間、防犯を強化するものです。子どもが帰る時間や女性が帰宅する時間にいらっしゃるので、安心できます。

  • 赤色パトカーだけじゃない!青色パトカーも見守る市 警察から許可を受けた団体による「青色防犯パトロール」が行われています。防犯パトロール員が青色回転灯のついたパトカーのような車に乗り、昼は学校訪問や学校周辺の巡回、夜は住宅地を中心に不審者や空き巣の警戒を行っています。

  • 千葉県市川市での放置自転車対策 市川駅付近には、短時間利用専用の駐輪場があります。放置自転車対策の一環として、設けられたもので、最初の2時間は無料で利用できます。他にも市内の複数の場所に同様の駐輪場を設け、放置自転車を減らす取り組みをしています。

  • 次世代の子どもに自然景観の素晴らしい里山を残そう わんぱくの森の会は、失われゆく里山を整備・保全して次世代に引き継ぐ活動を行っています。一般市民を対象に緑の保全と里山景観の素晴らしさや大切さを伝える啓発活動も行い、子ども達も交えて研修会や勉強会も開いています。

  • 市川市の青色回転灯パトロール車は正義の味方です 防犯を目的に、青色回転灯を付けた白黒塗装の防犯パトロール車を利用して市内巡回をします。昼間は保育園、幼稚園、小学校に立ち寄り情報交換をし、夜は住宅地を回り、ひったくりや空き巣の警戒をします。不審者情報があった場合は、その地区を特に重点的に巡回します。

  • 放置自転車は弱者にとって危険行為です 行政では、放置自転車対策経費として多額な費用を要しています。そのために放置自転車の街頭指導や強制撤去などを実施しています。その他に街かど回遊レンタサイクルや通勤・通学者用のリサイクル自転車の貸し出しも始めています。

  • 市川市でやっている防犯対策とは 地域全体の取組としてボランティアパトロールを実施しています。市役所などで登録手続きをするとパトロール用のオレンジの帽子とワッペンが配られます。日常の散歩やジョギングといった際にパトロールを行っています。

  • 市川市の子供も楽しめる防犯フェスタ 「行徳防犯フェスタ」は安全・安心な街づくりを目的として開催されるイベントです。子供警察官制服着用体験やパトカーや白バイの展示・乗車体験もできるので、子供にも楽しみながら防犯意識を持たせることができます。

  • 市川市の広報装置を使用した防犯パトロール 「辰巳自治会防犯パトロール隊」は週に1回、4人体制で地域のパトロールをしています。手押し車にICレコーダーとスピーカー、アンプを搭載した会員が手づくりした広報装置で注意を呼び掛ける活動をおこなっているのが特徴で、地域一帯に音声が流れることで安心できます。

  • 市川市の曽谷第六自治会の防犯活動 曽谷第六自治会は季節ごとのパトロールのほかに、夜間の侵入者対策として人が近づくと反応するセンサー付きライトの設置を奨励しています。自治会でのこのような試みは市内唯一で、夜遅く帰宅する人も安心でき地域の人達からも好評です。

  • 千葉県市川市の放置自転車対策について 駅の周辺200メートル圏内を自転車等放置禁止区域と定め、ガードレールにチェーンを付けている場合でも切断して強制撤去してます。撤去された原付バイクや自転車は、罰則として撤去保管料を取られます。年に数回、撤去強化月間を設け、一斉撤去により放置自転車が激減しました。

  • 千葉県市川市の治安維持活動について 青色の防犯灯を付けたパトカーによる青色防犯パトロールによる治安維持活動を行ってます。警察OBや消防OBなどが青色パトカーで地域を巡回したり、市民団体による自主的なパトロール活動を積極的に行う事により少年非行や地域の犯罪が激減しました。

  • 千葉県市川市での防犯対策を紹介 犯罪のない明るい住みやすい街づくりのために防犯協会というものがあります。駅前や市営駐輪場、大型店舗前、各種イベントや祭りなどで、防犯キャンペーンとして啓発物資やチラシで呼びかけています。また、警察官の防犯講話も開かれるので意識が変わります。

  • 千葉県市川市における防犯活動について 市民の防犯意識を高めるために、市民部市民安全科では、ボランティアパトロール登録者を募集してます。登録した市民ボランティアは、犬の散歩やジョギングをしながら、不審者を見つけたら報告します。このボランティアパトロールを通じて市民の防犯意識が高まりました。

  1. 学校に
    関する情報
  2. ショッピングに
    関する情報
  3. 公共施設に
    関する情報
  4. 遊びに
    関する情報
  5. イベントに
    関する情報

※表示されている地域の情報・口コミは、お客様からお寄せ頂いた主観的なご意見・感想を含みます。
※お店・建物の所在は最新の情報では無い場合がござますのでご了承下さい。

マイサーチ
前回の履歴で探す
検討中の物件
保存した条件で探す

メルマガ会員登録「新着物件!」

E-Life

ページトップへ戻る