いつ起こるか分からない自然災害。ペットを守るためにできること

2016年11月3日

10

首都直下型地震や東海地震など、現在の日本はいつ大きな地震に見舞われるか分からない状況です。東日本大震災や熊本地震などでも地震発生後の避難生活でも被災者は大変な不便を強いられました。避難生活で最初に課題になるのが物資の不足と言われています。とくにペットの餌や衛生グッズは不足がちになりやすいでしょう。そこで今回はアンケートを実施して、ペットのためにどれだけ準備をしているのか飼い主の皆さんに尋ねてみました。

【質問】
【ペットを飼っている人】人だけじゃない!大切な家族の一員、ペットの為の防災グッズ・備蓄はしていますか?

【回答数】
はい:44
いいえ:56

防災グッズは人が優先!?そもそも自分の備えもできていない!?

アンケート調査では、過半数を超える人が特に準備をしていないと答えました。

・ペットの為の防災グッズ・備蓄は今はしていませんが、いずれしようとおもっています。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・最近地震や大雨被害が取沙汰されていますが、ペットはおろか恥ずかしながら人間の防災グッズ・備蓄もしていません。しかし、何かあったらペットも家族同様に守り抜きます。(30代/女性/専業主婦)

・人のための防災グッズもまだなので、まず人を優先したいからです。(40代/女性/パートアルバイト)

・このアンケートを見てハッとしました。確かに人間の物しか用意していませんでした。早速準備したいと思います。(30代/女性/専業主婦)

・気がつけば、餌が途切れがちです。今後は十分に気をつけたいと思います。(40代/女性/自由業・フリーランス)

ペットのための防災グッズを備蓄していないという人は大きく二つに大別できそうです。まずは、人のための防災グッズも備蓄できていないという人たちです。自分ですら備えができていない訳ですから、ペットまで気が回りませんよね。またペットの防災グッズという発想がなかった人もいました。アンケート調査を目にして、その大切さに気が付いたという人たちです。確かに災害時には人命が最優先されますので、ペットのために備えるという発想にならないのかもしれません。

ペットのために備えることとは?豊富なペット用防災グッズ!!

ペットの防災グッズを備えているという人もかなり多くいました。

・いざというときの食糧、水、トイレ、キャリーなどは家族のものと一緒においている。(40代/男性/会社員)

・常に玄関の戸棚に救急キットを入れています。足を怪我しやすいので、小さな靴下は常に予備を入れています。(30代/女性/自由業・フリーランス)

・ペット用ではないが飲料水をやや多めに貯蓄しており、いざとなれば共有できるようにしている。(30代/男性/会社員)

・ペットフードはいつも多めに備蓄しています。あとはこれと言って準備していないので、もう少し考えないとですね。(40代/女性/専業主婦)

・ペットも一員だと思いますし、食べ物がなかったり、衛生グッズがないと、人間と同じでペットも苦しむことになるから。(40代/女性/専業主婦)

やはりペットも大切な家族の一員という認識が強いのでしょう。日ごろからペットフードを多めに備蓄していたり、怪我をしないように靴下を準備しているという人もいました。自分や家族の防災グッズを準備している人は、自然とペットのことも思い当たるようでそれなりの準備をしている様子です。避難生活でペットだけ苦しむのを見るのは心苦しいはずです。またしっかりと備えることで、他の人にも迷惑をかけずに済むかもしれません。被災した後のことをシミュレーションして、十分な備えをしておく必要がありますね。

ペットも家族!!家族全員で緊急事態に備えることが大切!

今回のアンケートでは、ペットの防災グッズを備蓄していないという人が過半数を上回る結果となりました。備蓄していないと答えた人も考えはあっても行動に移していないケースが見受けられます。災害はいつ生じるか分かりませんし、日々の生活が突然に終わりを迎えることになります。思い当たったらすぐに行動しないと、いざという時に困ってしまいますよね。また備蓄をしていない人も、ペットは大切な家族の一員という認識は共通しています。家族であれば一緒に災害という困難を切り抜けたいでしょう。緊急時にどれだけのことができるかは備えにかかっています。今から万全の準備をすることで、不安や心配を取り除くことができるかもしれません。

■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】30 – 39 40 – 49 50 – 59 【結婚】既婚
■調査期間:2016年09月28日~2016年10月12日
■有効回答数:100サンプル

【ペットを飼っている人】人だけじゃない!大切な家族の一員、ペットの為の防災グッズ・備蓄はしていますか?

【はい】

・ペットも買っている以上は家族の一員だと思いますし、一番最悪な火事が起こってしまっても生存出来る可能性を上げたいと思っているからです。(30代/男性/会社員)

・もちろん、ペットの命も大切だから、ペットフードやお水、ペット用の防火グッズやトイレなど必要なものは一通り用意しています。(30代/女性/専業主婦)

・ペットへの対応は後回しになるとかわいそうなので、餌の備蓄とオムツシートを用意してあります。(40代/女性/契約派遣社員)

・以前はしていなかったのですが、東北の震災以降準備しています。テレビなどでペット支援するに期待できない現状をたくさん目にしたので。ただ思いの外、避難グッズが多くなっていまい、実際に起きたら、ペットを抱っこして逃げるのが手一杯になるなのではと懸念はしています。(30代/女性/専業主婦)

・うちの猫は餌が常に無いと暴れます。だから餌だけはしっかり買い置きしてあります。(40代/男性/無職)

・ペットフードはもちろん、トイレの準備などかかせません。地震で被災した場合は体育館へはいけないので、自宅でなんとか過ごすと思います。(40代/女性/専業主婦)

・ボクサーという犬を飼っています。リュックサックに数日分の缶詰を入れてあります。(40代/男性/会社員)

・防災バッグの中にペットフードやペット用のレインコートを入れてあるから(40代/男性/会社員)

・ペットシーツとビニール袋、ペットフードを2週間程度備蓄しています。(40代/女性/専業主婦)

・餌や、ペットシートは、多めにいつも、買うようには、しています。(40代/女性/専業主婦)

・いざというとき、同じ家族の一員なので、しっかりと食料を準備しています(30代/女性/契約派遣社員)

・ペット用ではないが飲料水をやや多めに貯蓄しており、いざとなれば共有できるようにしている。(30代/男性/会社員)

・寝室にペットキャリーを常に置いておき、いつでも一緒に避難出来るようにしています。また、ペットのご飯は多めに備蓄するようにしています。(30代/女性/専業主婦)

・常に玄関の戸棚に救急キットを入れています。足を怪我しやすいので、小さな靴下は常に予備を入れています。(30代/女性/自由業・フリーランス)

・いざという時の為に、缶のドッグフードを備蓄しています。避難所に滞在する事も考えて、ゲージも保管してあります。(30代/女性/専業主婦)

・避難する事があったときのために、フードやお菓子、おむつ、トイレシートは買いだめしてひとつにまとめています。(30代/女性/専業主婦)

・ドックフードやペットシートなどのペットグッズを、防災避難袋に入れています。(50代/女性/パートアルバイト)

・缶詰などの食糧の備蓄はそれなりにしています。後は何が必要なのかよくわかりません。(50代/男性/会社員)

・大事な家族の一員なのでモチロンしています。ドックフードやオシッコシートなど防災リュックに入っています。(40代/女性/パートアルバイト)

・普段はドライフードをあげてますが、万が一の為に缶詰のフードを備蓄しています。(50代/女性/専業主婦)

・我が家は田舎なので災害などが起きた時に、近くにお店がないので飼ってる猫のエサとかを、常に1ヶ月分備蓄してます。(30代/女性/パートアルバイト)

・人間用の準備と同じ様な物で、水、ドックフード、布団代わりの薄めの座布団、靴、お手製の防砂頭巾おしっこシート、オムツをリュックサックに入れています。(50代/女性/パートアルバイト)

・ドッグフードや水・おやつなど食物は常に確保しています。あと避難ジャケットやキャンピングカーなども検討しています。(40代/女性/専業主婦)

・人間と同様に水とペットフードは備蓄しています。しかし、それ以上に必要なものを考えて用意する必要がありそうです。(50代/女性/専業主婦)

・犬を飼っていますが、ドックフードと水、シャンプーとバスタオルは予備で置いていますし、持ち運べる籠もあります。バスタオルは包んで運ぶのに便利です。(40代/男性/会社員)

・いざというときの食糧、水、トイレ、キャリーなどは家族のものと一緒においている。(40代/男性/会社員)

・とりあえず、ペットも食べられて人間も食べられるものの完備はしています。(30代/女性/会社員)

・災害などで被災地の様子を報道でみると、とてもペットのことをやってもらえる余裕はないと思う。うちの子のことは最低限自分でなんとかしなくてはいけないと感じたので。(40代/女性/契約派遣社員)

・ペットのものも災害の際には必要なものが手に入りにくくなるので、あらかじめ用意している(50代/女性/会社員)

・日常的に使うものでも避難用のケージなど、防災対策として使えるものを使用しています。(30代/女性/会社員)

・大切な家族の一員なので。避難所に一緒に行けないこともあると思いますが、とりあえず家に保管しています。(30代/女性/無職)

・イモリを飼っています。災害時に水がなくなると、飼育できなくなるので、大量の水を備えています。(40代/男性/会社員)

・18歳、猫年齢でいうと89歳くらいの高齢猫がいます。キャリーと、多めのエサは準備しています。(40代/女性/自営業(個人事業主))

・自分で決めるのが一番いい。人やネットの情報はあてにならないことが多いので。(40代/男性/会社員)

・やはり食料は確保しておいたほうがいいとは思いますので・・・。(40代/女性/パートアルバイト)

・ペットフードは一ヶ月分くらいは常にストックしておくことにしています(30代/男性/自営業(個人事業主))

・過去の震災で何処も人間最優先で、ペットの食事は人間用の物をあげている姿を見てから、人間用は微量でもペットのご飯、おやつ、薬等は1ヶ月以上もつように備蓄しています。(30代/女性/会社員)

・ペットを守る箱を買いました。ちょっと重いが守ってくれますね。(40代/男性/自営業(個人事業主))

・ペットは被災時にいつも通りの生活ができないことによるストレスが、人間よりも大きいと思うので、エサ、飲み物などは備蓄しています。(40代/女性/専業主婦)

・ペットは小さい子どもと一緒で、自分でできないことが多いため、食べる物や水、毛布、おしっこシートなどを、持ち運び用のケースの側にまとめておいてある。(50代/女性/専業主婦)

・ペットフードはいつも多めに備蓄しています。あとはこれと言って準備していないので、もう少し考えないとですね。(40代/女性/専業主婦)

・ペットも一員だと思いますし、食べ物がなかったり、衛生グッズがないと、人間と同じでペットも苦しむことになるから。(40代/女性/専業主婦)

・ペットの食料などは災害に備えて備蓄しています。
携帯用のスペースを確保できるバックを購入しました。(30代/男性/士業(弁護士・会計士など)

・防災グッズというよりは備蓄食料が主になります。避難所につれていけないなど耳にしますが、屋外で飼っていますし、小さな集落に住んでいるのでペットの名前まで知っている人ばかりでその心配はしていません。(40代/女性/専業主婦)

【いいえ】

・犬を2匹飼っていますが、ペット用の防災までは準備していません。これから用意しようと思います(30代/女性/専業主婦)

・ペットどころか、人間の防災対策すらしていない。揃えるとなるとかなりの支出になるので中々踏み切れない。(30代/女性/専業主婦)

・ペットの為の防災グッズ・備蓄は今はしていませんが、いずれしようとおもっています。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・人間の分を含めて全く防災グッズは用意していません。なるようになるかな。(50代/男性/公務員)

・人のことも 防災グッズはあまり揃えていないです。水だけは、ペットボトルにためて備蓄しています。(50代/女性/専業主婦)

・昔ペット飼っていたのは、東日本大震災の前で、当時はそんな大地震のことを想定していなかったので。(50代/男性/専業主夫)

・最近地震や大雨被害が取沙汰されていますが、ペットはおろか恥ずかしながら人間の防災グッズ・備蓄もしていません。しかし、何かあったらペットも家族同様に守り抜きます。(30代/女性/専業主婦)

・どんなものでしょう。考えた事がないですね。救急病院などは調べていますが(40代/女性/パートアルバイト)

・ペットの為の防災グッズ・備蓄は今はしていませんが、いずれしようとおもっています。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・今は犬をかってはいませんが、昔はかっていました。その時も防災、備蓄はしていませんでしたが、必要な事だと思う。(30代/女性/専業主婦)

・ペットまで考えが回らなかった。人間の防災グッズも備蓄しようと思いつつ後回しになっているので。(30代/女性/会社員)

・防災グッズはペットのみでなく、家族の人にも準備をしていないので。(30代/男性/自営業(個人事業主))

・小動物が多数いるため食料に関してはある程度大丈夫だと思っているので備蓄はしていません。(30代/女性/契約派遣社員)

・ワンワン吠えて我慢が出来ない部類の生き物なので、最低限の水や食料は必要だと思いつつ後回しになっている。(40代/女性/パートアルバイト)

・ペットは家族に一員と聞こえはイイけど、ねんねの子供じゃないし、人間がいてこそのペット。家族の安全第一。(40代/男性/公務員)

・防災グッズとしては備蓄していませんが、缶詰の餌のストックは沢山あります。(40代/女性/自営業(個人事業主))

・ペットに関する防災グッズは具体的に何を用意すればわからないのでしていません。備蓄も何とかなると考えています。(40代/男性/その他専門職)

・多分、災害時にはそこまでの余裕はないと思う。自分と妻子の命を守るので精一杯です。(30代/男性/自由業・フリーランス)

・ご飯を多く置いてはありますが、それ以外に何が必要かとまでは思っていません。室内で飼っていますが、トイレなどは外でするのでペットシートも必要なく、お水とか敷物なのかなと思いますが…(30代/女性/会社員)

・特に改まっての、防災対策をしていないので「いいえ」と
回答しましたが、相猫を運べるキャリーとご飯いつも
身近に置いています。(40代/女性/専業主婦)

・そこまで気が廻らないし、生活の資金を回せないのが現状かと思います。(50代/男性/自由業・フリーランス)

・毎日の生活に追われていて、気持ちも時間もゆとりがなく、わかっていても準備ができていません。(40代/女性/無職)

・メダカを飼っていますが、特に防災グッズや備蓄はしていません。水槽が割れたら困るなと思っているぐらい。(30代/男性/会社員)

・そういえばしていない!そうか、ペットも被災したら色々いるのか…(30代/女性/専業主婦)

・ペット用に特別に用意しているものはありませんが、食べ物は常に多めに購入してあります。(40代/女性/専業主婦)

・しなきゃいけないだろうけど、実際はしていない。もしものときは、買いだめしている缶詰やカリカリなどを持って逃げるしかない。(30代/女性/無職)

・やはり人間の対策が先なので、ペットのことはつい後回しになってしまいます。(40代/女性/無職)

・愛犬のために。全く考えていなかったけど今このアンケートを読んで、準備しようと思った。(30代/女性/専業主婦)

・基本的には外で飼っているので特に必要ではないと思っています。(40代/男性/会社員)

・そもそもペット用の防災グッズの存在を知らない。ペット用品は基本的に買溜めしているので、備蓄は意識していないが自然と出来ているかもしれない。(30代/女性/専業主婦)

・特にしていません。エサはありますが、買いすぎてもしょうがないと思っているので。(30代/女性/専業主婦)

・ペットの為の防災はあまり考えていませんでしたが、大切なペットの為に色んなグッズを揃えてみたいと思います。(30代/女性/専業主婦)

・自分自身の防災対策もあまり十分にしていないので、ペットの防災対策は恥ずかしながらまったく考えていなかった。これから考えたい。(40代/女性/その他専門職)

・ペットの為の防災グッズは考えた事なかったですが、ドッグフードはいつも多めに購入していて沢山備蓄はあります(40代/女性/専業主婦)

・小さな生き物なので、震災などの時にもすぐに対応できると思っています。(40代/女性/無職)

・全く何もしてません。その時はその時と思っています。ペットには厳しいですが。(30代/女性/専業主婦)

・ペットを飼い始めたのが、ここ数か月なので、ペットの防災は意識していませんでした。(40代/男性/会社員)

・特に準備はしてません。ペットを運べるボックスくらいしかありません。(30代/男性/会社員)

・特になにもしていません。ペットフードはまとめ買いをすることがありますが、備蓄というわけではありません。(40代/女性/専業主婦)

・特に用意していません。今の時代はペットフードとかお水とかペットのための準備も必要ですね。(40代/女性/パートアルバイト)

・人間の備蓄も完璧にそろっていないので、ペットは全くないです。(30代/男性/会社員)

・全く考えた事がありませんでした。
これを機に、寝室に置いてあるぺットキャリヤーの中に数日分の餌を入れておこうと思います。(30代/女性/専業主婦)

・家族同様に大切にしているが、特に特別な防災グッズは用意していません。(50代/男性/会社員)

・自分たちの防災グッズなどをもっていない。理由は管理が難しいから。(30代/女性/専業主婦)

・備蓄をしないといけないとは思いつつ、自治体のパンフレットや獣医師からもらったパンフレットを見るだけで何も購入できていないのが現状である。ワクチンと同じで備蓄をすることも義務にならないと改善は難しいのではないか、と思う。(30代/女性/会社役員)

・ペットの防災グッズは正直考えていなかったです。
備蓄は常時家にありますので、緊急時にすぐに持っていけるように袋に入れたりしておきたいと思います。(30代/女性/会社員)

・人間の備蓄もしていない。これからしなければと思うが保管場所など問題がある(30代/女性/専業主婦)

・これはよい話を伺いました。自分たち人間の防災準備はしていますが、うちのわんこの準備は何もしていません。今の答えは「いいえ」ですが、早速やりたいと思います。(50代/女性/公務員)

・特に考えたことがありませんでした。どのようなものが必要か調べたいです。(30代/女性/専業主婦)

・気がつけば、餌が途切れがちです。今後は十分に気をつけたいと思います。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・全くしていません・・自分たちのものでさえ備えがままなりません。ペットのものの備えも不十分な状況ですね。(40代/女性/専業主婦)

・このアンケートを見てハッとしました。確かに人間の物しか用意していませんでした。早速準備したいと思います。(30代/女性/専業主婦)

・人のための防災グッズもまだなので、まず人を優先したいからです。(40代/女性/パートアルバイト)

・通常食べさせるドライフードがあるくらいで、特に防災グッズを用意していません。(30代/女性/専業主婦)

・何をどれだけ用意しておけばいいかわからないから。用意しても置いておくところもないし…(30代/女性/専業主婦)

・人間用の防災グッズや備蓄も特にしていないので、ペットの為の物もありません。(40代/女性/会社員)


関連記事

住まいの情報ナビ
  • 最新家電はここをチェック!
  • 洗濯表示・食品表示の見方と活用法
  • 大人の習い事スタートアップガイド
  • 暮らしの水を守るエコアイデア

種別から探す

  • 新築一戸建
  • 中古住宅
  • 土地
  • 新築マンション
  • 中古マンション
  • facebook
  • twitter
Top