上手な部屋探しのコツ|賃貸マンション・アパートを探すなら【E-LIFE】の全国賃貸情報

  • アパート・マンション
  • 事務所・店舗・その他
  • 駐車場
  • 引越し見積もり
  • 売買物件
  • 投資・事業用

上手な部屋探しのコツ

実は賃貸物件は契約時期などによって
家賃が変動します。
また同じような部屋でも住み心地に大きな違いが。

今回は「上手な部屋探しコツ」をご紹介します。

お得な部屋探しの時期

  • 部屋の借主がもっとも変わるのは、進学や就職の多い1~3月。この時期の家賃は高めです。
    反対に1番安くなりがちなのが8月です。
    もし引越しの時期が確定していないなら、この時期の部屋探しがお得な物件にめぐり合えるチャンスです。

賃貸物件の情報源は?

おもな情報源には・情報誌インターネット・直接不動産屋さんに行く、があります。
このなかで情報誌は取材から掲載までのタイムラグから
「問い合わせしたときには借主が決まっていた」ということも多々あります。
情報の鮮度ならインターネットです。
地域や部屋の広さなどを絞り込める検索機能が充実しているので、相場を調べるにも便利。
とはいえ人気物件が決まるのは早いもの。
インターネットで相場感をつかんだら、直接その地域が得意そうな不動産屋さんに行って、
さらに新鮮な物件を紹介してもらうという手もあります。

予算内の部屋を見つけるには

  • 不動産屋さんに「予算は6万円以内」と伝えると、
    担当者は「6万円前後だな」と思ってしまいます。
    そこで予算を伝える際は、上限から5000円引いた金額を伝えましょう。
  • 予算がぎりぎり6万円なのに担当者が6万3000円をすすめてきたら、
    決して見に行ってはいけません。高い部屋はよく見えるはず。
    もし契約してしまったらたった3000円の差でも毎月の生活が苦しくなるものです。

部屋の下見は何件くらいするべきか

部屋の下見は何件でもできます。しかし10件以上見てもあまり意味がないでしょう。
それは賃貸物件には相場があるから。
3件程度見れば「この値段以上なら自分の条件がクリアできる」といった
目安が分かってくるはずです。
そこを理解した上でのトータル5件前後が下見件数の目安です。

次回は「部屋の下見と契約のチェックポイント」をご紹介します。

取材・文/椎名前太

テーマ別こだわり賃貸特集
希望のこだわり条件であなたにピッタリのお部屋を見つけて下さい。
学生・一人暮らし向け特集
学生さん、新社会人の方などにオススメの物件をご紹介!
駐車場あり物件特集
普段の生活に車が欠かせない方はこちらから検索!
新婚・カップル向け物件特集
共同生活を始める新婚・カップルにおすすめの物件をご紹介

スマホで始める住まい探し


マイサーチ
前回の履歴で探す
検討中の物件
保存した条件で探す

メルマガ会員登録「新着物件」

E-Life賃貸

ページトップへ戻る