住まいの「材料」から省エネ・エコを目指す!

省エネ・エコ住宅の基礎知識

  • 省エネ・エコを目指そう
  • 高気密・高断熱とは?
  • 断熱材の種類について
  • 内断熱と外断熱の違い
  • 怖~い結露の注意点

2013年3月19日 更新

内断熱と外断熱の違い

いろいろと比較されることが多い「内断熱」と「外断熱」。
「どちらを選ぶか?」という二択になると、優越を比べてしまいがちですが、予算や地域などを踏まえて総合的に判断する必要があります。

「内断熱」と「外断熱」の定義を知る!

断熱の工法については「内断熱」「外断熱」という言い方が一般的ですが、木造住宅の場合、正確には内断熱=「充填断熱」、外断熱=「外張り断熱」と言います。簡単に説明すると、内断熱(充填断熱)は建物の骨組(これを「軸組」と言います)の間に断熱材を詰め込む工法で、外断熱(外張り断熱)は建物の外側から断熱材をすっぽり包み込む工法です。

断熱材の素材別で言えば、繊維系断熱材を用いる場合は内断熱(充填断熱)、発泡プラスチック系断熱材を用いる場合は外断熱(外張り断熱)と考えて良いでしょう。

●内断熱(充填断熱)
充填断熱
●外断熱(外張り断熱)
外張り断熱

それぞれの特徴をしっかりチェック!

内断熱(充填断熱)と外断熱(外張り断熱)の特徴、メリットとデメリットを挙げてみました。
それぞれの工法と素材の性能、予算、地域……など、さまざまな点から自分に合った工法を選びましょう。

内断熱(充填断熱)

内断熱(充填断熱)のメリットは、何と言っても、コスト面です。グラスウールなどコストと断熱性のバランスにすぐれている断熱材も多く、火事にも強いため、日本の木造住宅では内断熱(充填断熱)を採用する場合がほとんどです。さらに断熱材の厚みを増すことでお住まいの地域に合った断熱性能に調節することができます。

建物の軸組の間に断熱材を詰め込む工法のため、外装材や屋根の形を比較的自由に選ぶことが可能ですが、軸組の部分を断熱することができないので、そこから熱損失が起こってしまうという一面もあります。また、無機繊維系断熱材は透湿性が大きいため、気密工事をしっかり行わないと、壁内部で結露が起きやすくなることになります。

【メリット】
・コストが割安
・防火性能にすぐれている
・断熱材の厚さによって断熱性能調節が可能
・外装材や屋根の形の融通性が高い
【デメリット】
・気密工事をしっかり行わないと、結露が起きやすい
・軸組を断熱できないため、そこから熱損失が起こる

外断熱(外張り断熱)

建物の外側から断熱材を包み込む外断熱(外張り断熱)には、比較的気密を保ちやすいというメリットがあります。また、発泡プラスチック系断熱材の特徴としてグラスウールなどに比べて透湿抵抗があるため、結露の心配も少ないでしょう。

構造上、軸組の外側に断熱材がありますから、建物ごとすっぽり断熱材に包まれて熱損失が少ないこともメリットです。壁内部に断熱材がない分、配管や配線計画もスムーズに進みます。けれどもその一方で、コスト面が割高というデメリットも。

外断熱(外張り断熱)は内断熱(充填断熱)に比べると断熱材そのものの断熱性能は高いと言われていますが、厚さに制限があるため、厚みを増して断熱性能を高めることはできません。

【メリット】
・気密を保ちやすい
・結露が起きにくい
・軸組の外側に断熱材があるため、熱損失が少ない
・配管や配線計画の融通性が高い
【デメリット】
・コストが割高
・断熱材の厚さに制限がある
  • 省エネ・エコを目指そう
  • 高気密・高断熱とは?
  • 断熱材の種類について
  • 内断熱と外断熱の違い
  • 怖~い結露の注意点